2016年03月31日

仙台市地下鉄東西線の編成番号

こんばんは。アルプスです。

先週、Date Fmの「コレカラみやぎ」という番組に出演させていただきました。お聴きいただけましたでしょうか?
思っていたよりもうまく喋れなかったですが、楽しかったです!もう一人の出演者であるレインボー氏にいろいろと持って行かれた感はありましたが…とても貴重な体験となりました。

さて先日、福井県の敦賀市で鉄研の春合宿が行われ参加してきました。自分は京都に行くことがメインでしたが、楽しい合宿になりました。その様子は後程鉄研のホームページでご紹介いたします。(更新が遅めですが、頑張りたいと思います。)

それらもあってちょっと時間が空いてしまいましたが、前回の続きで、仙台市地下鉄東西線の2000系について見て行きましょう!

前回の終わりに「2000系は何編成あるのでしょう?」という話をしました。
おさらいですが、編成番号は車両に書いてある車両番号の下2ケタでわかるということでしたね。
例えば「2106」であれば06編成です。詳しく言えば、06編成の1号車(である2100形)ということです。

まず最初はやはり01編成ですよね。

16032201.jpg
01編成の1号車(2100形)は2101ですね。

16032202.jpg
2号車(2200形)は2201

16032203.jpg
3号車(2400形)は2401

16032204.jpg
4号車(2500形)は2501とそれぞれ番号が付けられています。

16032205.jpg
このように2号車の2200形の次の3号車は2400形であり、2300形は今のところありません。

さて、トップナンバーは01編成ということがわかりましたが、ラストナンバーはいくつでしょうか?
それがこちらです。

16032206.jpg
これは列車の後面を映したものです。列車の前面と後面にも車両番号が書かれています。

この車両は「2515」で、この15編成の車両が2000系のラストナンバーです。それを表すかのように、前面と後面の三日月型の部分が15編成だけ金色になっています。
(ホーム柵を越えての撮影は危険ですので、やめましょう。)

参考に他の編成も見てみますと、

16030601.jpg
前回上げた12編成はこのように三日月も銀色です。
15編成もこのように屋外で撮れれば良かったですが残念でした。撮れたらそのうちに載せるかもしれません。

ちなみに、列車の前面と後面の上部に光っている数字は、その日の運用番号を表しています。
さきほどの15編成の場合は、この日の08運用ということです。

16032207.jpg
これは13編成の4号車(2500形)の2513です。左下に仙台市地下鉄のロゴマーク「SS」と「2513」が書いてあります。
そして上に光っている10がこの日の10運用ということです。

東西線では平日に01〜14運用、休日に01〜09運用があります。
全日走っているわけではなく、朝の時間帯や夕方以降だけという運用もあります。

これを知ることで、より東西線に詳しくなったのではないでしょうか?

さて、最後にクイズです。答えられますでしょうか?(正解は後日発表します。)
【問題】
東西線の車両番号が4ケタとも違う数字になっている車両は何両あるでしょうか?
(例えば、2101は1が重複していて、2105は4ケタとも違います。)
posted by TRFC at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年03月26日

3/26ダイヤ改正!


こんにちは、レインボーです。

春は出会いと別れの季節… そうそう、先日、本学でも学位記授与式が行われ、当会の先輩でも参加された方がいらっしゃいました。おめでとうございます。

また、春から東北大学に進学されることになった皆様、おめでとうございます。
当会部室は川内北キャンパスのサークル仮棟G-12です。いつでもウェルカムですので、お気軽にお越しください。(※時間帯によっては会員が居ない場合もあります、ご了承ください)

鉄道で出会いと別れといえば、やはりダイヤ改正でしょうか。今日3月26日にJRダイヤ改正が行われ、仙台近郊の鉄道にも様々な変化が起こっています。一部取材しましたので、まとめて書いていきます。


まず、今改正での全国的な一番の目玉は、やはり北海道新幹線の開業でしょう。
ついに新幹線が青函トンネルをくぐって北海道までつながりました!

DSC_9081.1.jpg

今朝6時40分仙台発の新函館北斗行き「はやぶさ95号」にはH5系H4編成が使われ、テープカットやくすだま割りが行われました。発車時には仙台名物雀踊りがホームで披露されました。

DSC_8745.JPG


さて、その後在来線ホーム6番線では別のセレモニーが行われました。阿武隈急行の8100系に沿線の観光スポットの写真やアニメ「政宗ダテニクル」のキャラクターをラッピングした「伊達なトレインプロジェクト」ラッピングトレインの出発式でした。

DSC_8819.1.jpg

青い8100系というのも新鮮ですね。

もう一つ、仙台圏で今改正で注目されたのが、仙石線の新駅「石巻あゆみ野駅」の開業です。

DSC_8908.1.jpg

陸前赤井駅と蛇田駅の間に設置されました。今日はセレモニーが行われ、多くの地元の方が見学にいらしていたようです。

DSC_8990.1.jpg


また、仙台市民の皆さんにとっては、仙台市交通局のIC乗車券icscaと、SuicaなどのICカードの相互利用が始まったことも便利になることでしょう。SuicaおよびSuicaと相互利用しているICカード(ICOCA,
PASMOなど)で仙台市交通局の地下鉄・バスに乗れるほか、icscaで仙台SuicaエリアのJR線で利用できるようになりました!

詳しくは仙台市交通局HP→http://www.kotsu.city.sendai.jp/icsca/icsca_sougo.htmlで確認ください。


様々な変化があった今日。これから、それぞれどんな発展を遂げていくのか、楽しみですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。
posted by TRFC at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年03月22日

プラレールな週末


こんばんは、レインボーです。

北海道新幹線の開業で廃止となった、カシオペア・はまなす・白鳥・スーパー白鳥のラストランで各地が盛り上がった週末、皆さんはいかがお過ごしでしたか?

さて、週末は各地でプラレールの運転会が行われました。
ついでに前々から行きたいと思っていたお店にも寄れたので、ご紹介していきます!

まずは3月20日。この日はまずは上野駅へ向かい、カシオペアグッズの臨時売店を物色。
京成上野駅に移動し、めったに乗らない京成線へ。スカイライナーAE形かっこいい…と思いながら普通電車に乗り、向かったのは京成高砂駅。
駅から歩いて5分ほどで着いたのは、プラレール好きなら誰もが知るカフェ「プラたく」さん!

purataku.png

こちらのお店は、何と店内をプラレールが走っているんです!
ichijiyoupula.png
しかもこんな大きな「一畳プラレール」! プラレールの立体レイアウトで著名な「ぺたぞう」さんの作品。
すさまじい存在感。圧倒されます…

続きを読む
posted by TRFC at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年03月15日

お知らせもろもろ


こんばんは、レインボーです。

今日2本目の記事ですね(笑)

長々と3部に渡る旅行記にお付き合いいただいた皆様、ありがとうございました。

さて、今度は当会に関わる様々なお知らせです!3点あります!手帳・カレンダーへのメモの準備はよろしいでしょうか?


まず1点目。お知らせが遅れてしまいましたが、3月1日発売の「仙台経済界 2016年3-4月号」に『【座談会】鉄道愛好家「まち」を語る』として、当会会員一名を含む仙台の鉄道愛好家の皆さんによる座談会の様子が掲載されています!
鉄道に関する様々な楽しい話題が載っていますので、ぜひご一読ください!



続いて、、当会会員が ラジオ番組 に出演します!
77.1MHzでおなじみ、Date fm(エフエム仙台)で毎週水曜日に放送されている番組「コレカラみやぎ」で当会を紹介していただくことになりました!この番組は「宮城を盛り上げるパワーを持った『コレカラ』の若者」を紹介する番組だそうで、少し荷が重かったですが、楽しく収録してきました!!

放送は3/23(水) 11:30~11:50 です!皆さんぜひお聴きください!(私レインボーも出ますよ笑)


最後に、鉄道模型運転会のお知らせです!!
前回、告知が直前になってしまった東北大学附属図書館の多目的室での鉄道模型運転会。今回は図書館の皆様のご協力で開催を早めに決定することができました!

前回同様、Nゲージ鉄道模型レイアウトの展示、プラレールレイアウトの展示を行う予定です。
(プラレールレイアウトのテーマ、どうしよっかな…)

IMG_4191.jpg
(前回の展示の様子)

皆さんにお楽しみいただける展示を目指しますので、ぜひお越しください!

4/29(金祝) 12:00~17:00
4/30(土)  10:00~15:00

2日間開催しますが、準備・片づけの都合上、公開時間は変則的になっています。お気をつけてお越しください。
場所は東北大学川内南キャンパスの東北大学附属図書館 1階多目的室です。
地下鉄東西線でお越しの場合、川内駅で降りていただくと、坂を上らずに済みます。(国際センター駅からもそこそこ近いですが、上り坂です)


3点お知らせを申し上げました!今後とも様々な機会で活動を紹介していきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。
posted by TRFC at 20:31| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ

春休み北海道旅行(後編〜いざ、カシオペアへ〜)


こんにちは、レインボーです。

当会の春合宿に参加していたため、カシオペア旅行記の後編の公開が遅れてしまいました。
申し訳ありません…

春合宿については、後日、当会公式HPにて各会員の旅路を紹介する予定ですので、そちらの方も合わせて読んでいただけると幸いです。過去の合宿報告はこちら→http://aoba-trfc.sakura.ne.jp/contents/act/lodging/にて公開しています。

さて、私の個人旅行ですが、中編では札幌近郊での行程をご紹介したところだったと思います。
後編ではお待ちかね、寝台特急カシオペア号での旅をご紹介していきます。

札幌駅の発車は夕方の16:12。それまでは撮影をして過ごします。
撮影のメインは昼前に札幌に到着する下りカシオペア。札幌フリーきっぷのフリーエリアは札幌―ニセコですからそれを利用して、札幌駅で乗客を降ろした後の手稲の車庫までの回送を狙うことにしました。

降り立ったのは札幌の隣駅である桑園駅。カシオペア通過時刻が近づくと雪が舞ってきました。撮影したのがこちら
1DSC_1785.jpg
しんしんと降る雪の中を走るDD51重連牽引のカシオペアの姿をカメラに収めることができ、非常に満足な1枚です。

その後、カシオペアが整備を受けている間に札幌駅で昼食をとり、そわそわしてしまって入線の1時間も前からホームで待ってしまいました…

そしていよいよ入線!引退が近づいたからでしょうか、カメラを構えた多くの方に見送られての発車となりました。小さい子供を連れたご家族の方がホーム上で手を振ってくださっていたのでこちらも降り返し。ちょっとほっこりする光景でした。

続きを読む
posted by TRFC at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2016年03月06日

仙台市地下鉄東西線の車両番号〜車体についている番号の意味とは?

こんにちは。アルプスです。

仙台市地下鉄の新たな路線である東西線が開業してから今日で3ケ月となりました。

ということで、今日は東西線の車両を取り上げましょう。

16030601.jpg
東西線で走っている列車は2000系といいます。4両編成で走っています。
地下を走っている場所が多いため、広瀬川橋りょう付近でなければこのように見ることができませんね。

16030607.jpg
この2000系ですが、車両の側面に4桁の数字が書かれています。利用している方は見たことがあるかもしれません。
さて、この数字の意味は何でしょう?

今回は06編成という列車を撮りました。まず、荒井方の先頭車である1号車から見ていきましょう。

16030602.jpg
このように書かれています。
1号車は2100形という車両です。2100形の6番目(06編成)の車両ということで、2106となっています。

次に2号車です。

16030603.jpg
2号車は2200形という車両です。これも同じく2200形の6番目(06編成)の車両ということで、2206となっています。

その次は3号車なのですが、様子が違います。

16030604.jpg
今までの順番からすると2300形のはずです。しかし、2300形ではなく2400形なのです。2300形については後ほど。
というわけで、3号車は2400形であり、2400形の6番目(06編成)の車両ということで、2406となっています。

最後に4号車です。

16030605.jpg
4号車は2500形であり、2500形の6番目(06編成)の車両であり、2506となっています。

東西線の2000系にはこのように車両1両ごとに番号が振られています。

この番号をみることにより、車両の番号を見ると自分が何両目に乗っているのかが分かる。また、何編成に乗っているのかがわかります。

16030606.jpg
列車に乗る前に番号を見なければ確認できないかというと、そうではありません。このように車両内部の前後にも書かれていますので、乗車後もわかります。

東西線の車両はほとんど仕様が同じです。その中にもこのように違いがあります。識別できるようになると面白いですよね。

さて、2300形はどこへ?そして、2000系のような「系」と2100形のような「形」は何が違うのか?

2300形ですが、今のところ存在しません。ですが、将来完成して2200形と2400形の間に入り、5両編成となって走ることになるかもしれません。そのための欠番だと考えられます。

また、2000系というのは、2100形、2200形、2400形、2500形をまとめて2000系といいます。個別の車両を考えることは普段ないと思いますので、列車全体を指す2000系の方が一般的なのかもしれませんね。

今回は06編成を取り上げましたが、2000系は全部で何編成あるのでしょうか?
ということでこのシリーズの次回では、2000系の編成について見ていきます。
posted by TRFC at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年03月03日

春休み北海道旅行(中編〜札幌、そして・・・〜)


こんばんは、レインボーです。

さあ、3部作でお届けしております、レインボーの春休み北海道旅行記。中編です。
(カシオペアはまだですよ)

札幌駅で色々な列車の写真を撮影していましたが、自分もやはり列車に乗りたくなり…
フリーエリアが札幌−小樽―ニセコなので、その区間の列車にふらりと乗ってみます。

新千歳空港からの快速エアポート小樽行、721系電車に乗り込みます。車内は結構な混雑で、運転席後ろのデッキに立ちます。
銭函駅を過ぎたあたりから列車は寒々しい海に沿って走ります。白い雪に白い波も良いものですね。
とりあえず小樽まで行ってみようかと思いましたが、小樽築港駅に除雪用ラッセルヘッドを装着したDE15形が止まっていたので、下車して撮影。

1DSC_1397.jpg

除雪車をここまでまじまじと眺めたのはおそらく初めてなので、非常に興味深かったです。

続きを読む
posted by TRFC at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

春休み北海道旅行(前編〜いざ、北へ〜)


こんにちは、レインボーです。

3月の開業を控えて、今話題が盛り上がってきたのは、新青森―新函館北斗間の北海道新幹線でしょう。
青函トンネルをついに新幹線が走りはじめ、東京から新函館北斗まで最速4時間2分で結ばれます。
(本来ならここで試運転中のH5系の写真でもバッと貼るところなのでしょうが、まだ何だかんだ試運転の撮影に成功しておらず… 早く見てみたいものですね)

それに伴い、青函トンネルを走行する列車たちに大きな変化が訪れます。
新青森―函館間を連絡する特急「白鳥」「スーパー白鳥」、JR最後の急行として札幌―青森間を結ぶ「はまなす」は、その役目を終えます。上野―札幌間の寝台特急「カシオペア」に関しても、定期的な臨時列車としては運行を終了します。

とりわけ急行「はまなす」については、指定席料金で横になって移動のできるカーペットカーをはじめ、リーズナブルに北海道への移動ができると人気を博していました。当会の会員でも北海道旅行の際にはお世話になった人も多いようです。廃止が決定し、我々も春休みを迎えると、会員が次々と渡道し、北海道旅行がブームになっています。

さて私は… なんとJR東日本が誇る豪華寝台特急「カシオペア」のチケットを取ることができたんです!カシオペアは全車個室寝台の寝台特急で、非常に人気が高く、チケットは連日即完売してしまう“プラチナチケット”となっています。私も何回もみどりの窓口で「10時うち(1か月前の10時に指定券が売り出されるのと同時に窓口に申し込むこと)」を行い、結局は親が申し込んだ地元の某駅でようやく買うことができました!

さて、取れたのは2月15日の札幌発上野行のカシオペア。まずは仙台から札幌に行かなければなりません。カシオペアは旅の最後のお楽しみ。道中いろいろなことがあったので、カシオペアが出てくるのは最後の方です。気長に読んでいただければと思います。(3回に分けてUPする予定です)

1DSC_1785.jpg

続きを読む
posted by TRFC at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2016年03月02日

仙台駅前の変化〜建設中の建物

こんばんは。アルプスです。

仙台駅に行くと、毎回何かが変化しているように感じるのは、きっと自分だけではないと思います。そんな仙台駅周辺の変化について見ていきましょう。

16030201.jpg
これは、昨年12月に開通した仙台市地下鉄仙台駅の西1出入口です。建設中の様子に載せ忘れてしまいました。南町通に面する出入口ですが、ここに変化が見えます。今まで、後ろは駐車場でしたが、建設工事が行われています。

西1出入口から仙台朝市に向かってみましょう。

16030202.jpg
南町通から南に向かいます。すると、東側(写真左側)に建物ができいました。
表記からわかるように、これは仙台パルコです。すでにパルコは駅の西側にありますが、こちらは新館として建てられます。建物は地上10階、地下2階と大きく、映画館もこの建物の中に入るようです。これにより、仙台駅前で映画を見ることができるようになります!

16030204.jpg
仙台朝市から建物を見てみましょう。今までと朝市からの景色が違って見えます。
元々はペリカンパークという日本通運(ペリカン便ということで)の駐車場でした。

ペデストリアンデッキに上ってみます。

16030205.jpg
仙台駅からペデストリアンデッキを西に向かったところにパルコ新館は作られています。

ここから反対方向にある仙台駅に向かいましょう。

16030206.jpg
進んでいくと出入口があるはずですが、今は工事によって閉鎖されています。何があるのでしょうか。

中に入ってみましょう。

16030207.jpg
ここから外に出入りできたのですが、柵があります。工事をしている駅と言えば新宿駅が思い浮かぶのですが、その新宿駅に来たような感じがします。

ここから仙台駅東西通路に向かいます。いままでは東西通路も工事をしていましたが、現在はどうでしょうか?

16030208.jpg
東西通路は工事が進んで、視界が開けていました。吹き抜けでとても明るくなっていて、これにはびっくりしました!

16030209.jpg
東西通路を西に抜けると、こちらはほぼ完成しているように思えます。いままでは東西をつなぐ通路でしたが、S-PALが仙台駅をまたぐように作られました。ただ東西を通路で結んでいる通路だったのが、より駅との一体感が増した建物となり、商業施設が入ることでより楽しみが増していました。東急ハンズなどの施設が入るそうです。開業がとても楽しみです!
posted by TRFC at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記