2016年07月26日

原鉄道模型博物館に行ってきました!

こんばんは。アルプスです。

就活が一段落しましたが、それまでなかなか時間が取れず、記事があまり書けませんでしたが、その間に後輩たちが記事を書いていてくれました。
あといくつ記事が書けるのかなと考えるようにもなりました。

先日、東京や横浜に用事があり、そのついでにいろんな所に行ってきました。

鉄道の記事をあまり書いていませんでしたが、今回は鉄道の記事です。
(模型に関してはほとんど触れていないので、当会の有識者からあれこれ言われそうです…。今後、そういった方々のレポートも楽しみにしています。)


1607269537.JPG
原鉄道模型博物館という鉄道模型の博物館が横浜にあります。噂には聞いていたので、横浜に行く機会があったら行ってみようかと思っていました。
続きを読む
posted by TRFC at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月25日

夏休み運転会のお知らせ!


こんばんは、レインボーです。
少しお久しぶりですね。

いよいよ夏休みが迫ってきましたね。皆さん夏休みの計画は立てましたでしょうか?

そうそう、当会の夏休みの恒例行事、夏合宿の行先も「京都」と決まりました。
会員たちはそれぞれ行程を考えているのでしょうか。(私はどうしよ…)

そして、今日お知らせするのは皆さんの夏の予定にぜひ書き加えていただきたい内容です!

8月26日(金)27日(土)に、鉄道模型運転会を実施することが決定しました!!
いつも通り、東北大学附属図書館の多目的室をお借りして実施します!

運転会ポスター8.26.png

(↑ポスターは製作中のものです。少し手を加えるかも…485系っぽいデザイン、どうでしょうか?)

夏休みに運転会をやる、というのは初めての試みです。
夏休み中の鉄道好きの小さなお友達に喜んでもらえるような展示にしようと張り切っております!
皆さん夏休みの思い出作りに、ぜひお越しください!

プラレール分科会の私とパシフィック氏の野望ともいえる今回の運転会…
いつも通り、巨大プラレールレイアウトを展示予定です!!
まだ何も決まってないけどきっとインパクトのある展示にしますので、こうご期待!


ところで、当ブログでも一年生の皆が紹介してくれている通り、Nゲージ鉄道模型レイアウトは現在一部改装中です。
そのため今回の夏休み運転会ではNゲージレイアウトの展示は行わない予定をしています。
あ、でも大きなレイアウトは出さなくても、車両だけ飾るとか、簡単な組み立て式レイアウトを作るとか…いろいろ考えているところですのでしばしお待ちください。
展示内容が決まったら、またこのブログ等でお知らせします。
今年は駅部分を改装してくれています。どんな風になるのか、楽しみですね!

さて、夏休みに向けてあと少し。がんばっていきましょう!
今日も暑かったですね…皆さんも体調管理にはご注意ください。


≪イベント情報≫
「第3回 東北大学鉄道研究会 鉄道模型運転会」
8月26日(金)27日(土) 10:00〜16:00
東北大学川内南キャンパス 東北大学附属図書館 多目的室


最後までお読みいただきありがとうございました。




posted by TRFC at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年07月22日

模型製作レポート2016 第2回 台枠解体

こんにちは、マリンです。

前回の記事ですっかり頭からすっぽ抜けていたため模型製作の内容に集中しすぎて書きそびれていましたが、新歓乗車会は企画者にもかかわらず盛大に延発するという失態を犯してしまったことについてここで反省の意を示すとともに今後はこのようなことがないよう運行ダイヤに十分留意することを誓います。(訳:ごめんなさい、もうしません)

さて、気を取り直して今回は前回に引き続き、旧レイアウトの台枠解体の様子をお届けします。なお、台枠解体は相生あおば氏によって迅速に行われたため、写真が少ないことをご了承ください。

DSC_1962.jpg

解体前の台枠の裏側はこのようになっていました。台枠は外枠、天板に加え、強度を出すために筋交いが入っているのが分かります。

DSC_1965.jpg

解体途中の様子(と思われる)写真です。台枠を固定していた金具を使って枠を外そうとしているようです。
ここから一気に飛びますが、解体後の様子が…こちら!

DSC_1966.jpg

ご覧のとおり、バラバラになりました。この木材の中には比較的きれいなものもあるので、何かに再利用される…かも?しれないです。

さて、お待たせしました!ようやく解体が終了し、次回より今年度のレイアウト作成にとりかかります。
まず必要な物は、壊したら作らないといけない…そう新しい台枠です
ということで、次回は台枠作成の様子をお届けします。

最後までお読みいただきありがとうございました。
posted by TRFC at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作記

2016年07月06日

模型製作レポート2016 第1回 旧レイアウト解体

お久しぶりです、マリンです。

今回から模型製作2016と題して(そのままですが…)、今年度のNゲージのレイアウト製作の様子をレポートしていきます。
記念すべき第1回は、例年お見せすることのなかった旧レイアウト解体をお届けしようと思います。
今年度は2つのセクションを作り変えるため、解体するセクションも2つ。当会のツイッターをご覧になった方はもうお分かりかもしれませんが、今回見納めとなるのは、京急上大岡駅を再現した2009年製作の「上大岡セクション」と、それとつながる同年製作の「山田家セクション」です。

上大岡.JPG

山田家.JPG

それでは解体の様子をお届けしていこうと思います。

高架壊し.JPG

まず、上大岡駅の高架を崩していきます。手前では誰が繋げたのか長いホームが…

山田家より.JPG

山田家側から。なんだか建設途中みたいでこれはこれでいいかんじですね(?)

側線壊し.JPG

次に側線を豪快に剥がして…

道路だけ.JPG

道路は板にグレーの紙を貼り付けて再現していたのですね。白線まで細かく再現されていました。

台枠だけ.JPG

ご覧のとおり台枠だけになりました。あっという間の作業でしたが、製作する上で参考になる部分をいくつも知ることができ、模型に詳しくない自分にとってはとてもいい勉強になりました。

今回は台枠を新製するため、ここからさらに台枠を解体していきます…が、今回はここまで。
次回、台枠解体の様子をお届けします。

最後までお読みいただきありがとうございました。
posted by TRFC at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作記

2016年07月05日

2016年度 新歓乗車会開催!

自己紹介

初めまして!今年当会に入会しました相生あおばと申します。私はマリン氏とのぞみ301氏の御膝元である静岡県の隣、神奈川の出身です。笑いの沸点が低く、ネタを見つけ出すのが好きなので、長文となっております。ご承知ください。

ところで、横浜ディスリが好きな私が東北大に来て都会風を吹かす一番のネタは「15両編成の列車が3分おきに来る」という一文です。

しかし勘が鋭んだかダイヤを知り尽くしているんだか、当鉄道研究会の会員たちは「それはラッシュ時だけだよね?」だの「中央線なんか1.5分間隔で10両が来るからそっちを推せ」とか、とどめには「E231系?走ルンですじゃん」と暴言を吐かれたりと…あいにく私はE531系とE231系1000番台の知識しか無いので、他の会員さんの会話についていけない節が…
DSC_1534.jpg
ちなみにこの写真の左に写っているのがE531系(これは3000番台)です。右に写っているのはE231系0番台。両方とも常磐線です。前面がよく似ているでしょう?

「E531系がお好き? けっこう。ではますます好きになりますよ。さぁさぁ、どうぞ。E531系のニューモデル、3000番台です。
……快適でしょ? んああぁ、仰らないで。見た目はE231系でもこいつは130km/hまで出せるわ、交流区間まで走れる。編成数もたっぷりありますよ。ルーバー付きでどんな地方でも大丈夫。どうぞ走らせてみてください。
……いい走行音でしょう? 余裕の音だ、馬力が違いますよ」
「一番気に入ってるのは……」
「何です?」
「特高圧碍子だ…っ!(下の写真)」※ちなみにこちらが3000番台。側面の網のような部分が特徴です。
DSC_1523.jpg

…と新入生のくせにくだらん茶番を失礼しました。




本題


今回の旅程は、仙台→郡山→会津若松→喜多方→郡山(現地解散)です。

まず我々は仙台駅の待ち合わせ場所では鉄板のステンドグラス前に集合。なんとハプニングがいきなり発生。

計画者のマリン氏が寝坊して来ない…!!
待っていては予定の電車に間に合わないので、彼には1日3定義の刑を科すことにし私たちは仙台駅を後にしました。
DSC04360.JPG
折り返し準備が遅いので仙台行のままですが、この列車に乗って郡山まで一本です。

列車は大都会長町を過ぎ、南仙台あたりを過ぎると写真のようなのどかな田園風景が広がります。
DSC04365.JPG

1時間半ほど揺られ、列車は福島駅に到着。
DSC04386.JPG
なお当駅で30分の停車があります。

私は当日2徹で飯も前日の昼食以降食べていなかったので、食料調達と称して福島駅を探検(?)しました。
DSC04381.JPG
福島駅前。

DSC04383.JPG
モニュメント"和"

DSC04385.JPG
駅構内のお休みどころ。

Cl1msdhVAAA17sW.jpg
それと福島県に入国したので国民的飲料"酪王カフェオレ"を使用したドーナツを頂きました。
私自身もコーヒーやカフェオレが大好きなのでとても美味しかったです。甘ったるさが無くていいですね。

まだ発車時間まで時間があったので構内を散策。すると…

DSC04398.JPG
↓拡大図↓
DSC04399.JPG

これは…っ!!懐かしの211系!!(10年以上前東海道線、高崎線、宇都宮線で現役だった車両です。)
高タカとの記載、右側の先頭車両に"クモハ211-3014"の記載があったのを見ると両毛線に移籍する…?私にはわかりませんでした…

DSC04409.JPG
数分後、反対側に719系が福島駅に入線。211系とよく似ているでしょう。彼は今年の秋、ついに引退となります。詳細はこちらをご覧ください。→ http://aoba-trfc.sblo.jp/article/175457738.html

DSC04389.JPG
先ほどの列車に戻り、郡山まで向かいます。

DSC04424.JPG
福島県民も認める福島駅のシンボル"くだもののガスタンク"を撮影後、私は郡山までの記憶がありません。きっとジュラル星人の仕業に違いない!


DSC04436.JPG
起きたら郡山。ここは私の思い出の場所でもあります。

…それは上野東京ラインが開通した2015年3月14日にさかのぼります…

私「ねぇ!東京と上野がつながって、熱海発黒磯行のキチガイ列車がある!乗ろうよ!」
-----黒磯着-----
友人「郡山行、あるけど乗ってみる?」
私「ああ。もちろん」

その日は到着が遅かったので、滞在時間は30分。もったいなく感じた私は2015年4月2日に再度郡山アタック。
郡山に再度行き、観光センターに入ったら係員の待遇の厚さに感動。町中散策すると、"都会なのに喧噪がない"という不思議な感覚を覚えました。それから私は東北が好きになり、東北大学を志望して今に至る…というわけなのです。郡山市との出会いが無ければ私は今これを書いていないんです…


…また話が逸れましたが、私たちはレアな編成の列車を発見します。
DSC04455.JPG
わかりますでしょうか。4両固定編成の701系です!なんと日本全国にたった4編成、仙台地区の701系全体の10%しかない編成なんです!((

DSC04456.JPG
珍しいサハ表記。この"サハ700-1002"という文字列、ちょっと覚えていてくださいね。


DSC04491.JPG
当駅で68分延発のマリン氏と現地合流のエルガ氏と合流した一行は、こちらの"赤べぇ"塗装の719系、磐越西線で会津若松へと向かいます。郡山で喜多方ラーメンを食べたのですが、写真を撮り損ねたのでこの話はなかったことに。((


磐越西線でも私の記憶はありません。これはきっとジュラr((
DSC04513.JPG
会津若松着です。

DSC04506.JPG
フルーティア号を併結していたので、歓迎のゆるキャラ(?)がお出迎え。


ここで本来、私たちは鶴ヶ城に登る予定だったんですが、気動車からの重力場に逆らえず、そのまま磐越西線で西へ。喜多方まで行きました。
DSC04515.JPG
あてもなく(?)散策しました。

DSC04518.JPG
レトロな駅舎。

DSC04517-kai.jpg
麻耶、もとい耶麻農業高校によるフラワーアート(一部加工しています)

DSC04519.JPG
太郎丸踏切。ピンと来たあなたは生粋のアニオタです。

DSC04529.JPG
訪れたのは初夏でしたが、夏休みのような構図がちらほら。

DSC04525.JPG
ちなみに磐越西線は太郎丸踏切までしか架線が張っておりません。そのため気動車の運行となります。

DSC04553.JPG
キハ110系型気動車がこちら。


DSC04540.JPG
謝罪している階段を上って反対ホームへ向かい

DSC04551.JPG
森と水とロマンの鉄道という名前の蒸気機関車を見て

DSC04558.JPG
帰ってきました。今回の乗車会はこれにて解散。

私だけ郡山駅に残り、お土産を買って新幹線の通過観察をしました。
スナップショット 1 (2016-07-05 1-59).png
320km/hって、地上から見るととんでもない速さですね…私も帰省時こんな速さで通過してるのかと思うと怖い(はやぶさ課金民アピール)

さて、帰路に就きますか…と思ってふと側面の列車番号を見たら!!
Cl3tWiDUkAA2xN3.jpg
お   ま   た   せ
昼に郡山駅で見た"サハ700-1002"が黒磯から往復して帰ってきたんです。これには奇跡を感じました。

これに乗って寄り道せず福島で仙台行に乗り換え…
DSC04588.JPG
DSC04600.JPG

DSC04602.JPG
私の御膝元(?)、長町駅に到着しました。

折角なので仙台まで戻ることにしましょう。
DSC04605.JPG
そこには東北地方で活躍する3人の姿が。右から701系、719系、E721系500番台(仙台空港に行く列車)。秋にはセンターの719系が姿を消すのですね…実家暮らしのころの、郡山日帰り旅行の帰りはいつも719系だったのでとても寂しいです。



さいごに
〜お土産の赤べこくんと共に〜

Cl4i8rsUYAAyb1t.jpg
…ものすごく長くなりましたが、いかがでしたか?本当はこれの2倍近いネタがあるのですが、書ききれないので今回はここまでにしたいと思います。拙い長文を最後までお読みいただき、ありがとうございました。以上、今年度の新歓乗車会でした!


posted by TRFC at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記