2017年09月27日

英国旅行記 第一回 出発準備編 (パシフィック)

 みなさまこんにちは.パシフィックです.先日鉄研公式Twitterでも紹介しましたが,イギリスに旅行に行ってきました.せっかくなのでこの場を借りて旅行の様子を紹介させていただきたいと思います.結構な長期連載になりそうですが,暇つぶしにでも読んでいただけると幸いです.
DSC_0207.JPG

Wye駅にて撮影

 私が英国に旅行に行こうと考えたのは約1年半前,2016年の4月でした.理由は鉄道発祥の地である英国の鉄道事情をこの目で見たいと思ったからです.思い立った後,地球の歩き方を買ったり,パスポートの申請をしたり,インターネットを使って英国の鉄道事情を調べたりしていましたが,大きく動きがあったのは今年の4月.今学期の夏休みの日程が発表されたのを期に航空券を予約しました.この旅行をするにあたって私が決めた条件は以下の6つ.
➀ 計画,行動ともに一人で行う
➁ できるだけ無理なく英国全土の鉄道に触れる
➂ 8日用のブリットレイルパスを使用する
➃ 寝台列車を利用する
➄ 鉄道以外の観光もする
➅ 可能な限り多くの動態保存蒸気機関車を見る⇐(これ重要)
 まず➀.これは初めて一人で海外旅行に行く経験から人間として成長するという大層な理由もありますが,わざわざ鉄道を見るためだけに英国まで一緒に来てくれるもの好きはまずいないでしょう()
 次に➁.これはせっかく行くのだからいろいろな地方の鉄道に触れようじゃないかという魂胆.
 ➂は➁を実現するための判断です.ブリットレイルパスは日本でいうフリー切符のようなもの.いろいろなタイプがありますが,今回は英国全土で使え,8日間有効のものを選択しました.奮発してファーストクラスにしたのでお値段は約33000円.ちなみに英国では特急料金という概念がないため,この切符さえあればほとんどの列車に乗れてしまいます.さらに英国のファーストクラスは日本だとグランクラスに近いものです.軽食や飲み物が無料で提供され,さらには駅のラウンジといった設備も使えます.最強です.
 ➃は日本では無くなってしまった定期客車寝台列車が,英国ではまだ元気なので乗ってみようという魂胆.効率よく移動できるので少ない日程で英国全土を回るのにも便利です.さすがに寝台券はブリットレイルパスに含まれないので,別途予約しました.
 ➄はせっかくはるばる英国まで来たのだから,鉄道ばかり見てないでちゃんと観光をしようということです.最終日はまるまるロンドン観光に充て,それ以外にも列車の待ち時間などに街を歩いてみるようにしました.
 最後に➅.英国は鉄道発祥の地です.各地に保存鉄道があり,結構な数の蒸気機関車が現役で走っています.中でも私が最も興味があるのが,ペンネームの由来となったパシフィック機たちです.英国の本線用大型蒸気機関車は今でも第一線級の本線を走行します.それも長距離.日本でいえば上野から仙台まで蒸気機関車が運転される感じです.このダイヤを読み取るのが大変でしたが,予想に成功.今回4機の動態パシフィック機に出会えました.
 さて以上の条件から「ぼくのかんがえたさいきょうのえいこくりょこうけいかく」が完成しました()日程は9月12日から9月20日(英国基準).ですが旅は日本時間9月11日午後6時,東京・上野駅から始まりました.

DSC_0001.JPG

ブルーベル鉄道にて撮影

 出発準備編はここまで.文字ばかりの楽しくない記事で申し訳ありません.次回からは実際に私が撮ってきた写真をどんどん載せていくのでお楽しみに.ここまで読んでいただき,ありがとうございました.
posted by TRFC at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2017年09月17日

2017夏合宿報告7日目(あかつき) 9月3日

皆さんこんにちはこんばんは、あかつきです。

活動域が関東から一気に関西に変わった7日目、始めていきましょう。

 高槻に在住のアルプス氏(後で別の方がそのままPNで呼ばれていたので、じゃあ使おうかと)の家を後にし、近くにある富田駅よりスタートです。因みにこの駅、「とみた」とは読みません。「とんだ」と読みます。富田駅は阪急京都本線の駅となっています。
 私、本来この日は近鉄に乗る予定でした。近鉄週末フリーパス(ケーブルカー含め近鉄全線が3日間乗り放題)を前日天王寺、大阪阿部野橋駅で買おうとしたのですが、前売りで当日の販売は無いということを完全に失念しており、しかもそのフリーパスは土日を跨いでの使用が前提なので、既に土曜日である昨日(9月2日)の時点ではもうその週のフリーパスは買うことができない状態でした。それで代わりに何に乗るか考えたところ、阪急に乗ろうということになった訳です。...どう見ても予習不足である自分のミスです。本当にありがとうございました。
 こういう訳でこの失敗談は合宿報告ブログの美味しいネタとして有効活用し、今回使用した切符はこちら。
IMG_20170904_091831.jpg
 阪急・阪神1dayパスです。こちら、1,200円で阪急、阪神、神戸高速全線一日乗り放題という代物です。これを二日間使っていきます。
 阪急京都本線を高槻市駅で準急に乗り換えたのち京都方面に向かい、桂駅で阪急嵐山線の列車に乗り換えます。車両は2017年現在、阪急唯一の2扉転換クロスシートの「京とれいん」として使われている6300系です。京急2100形や西鉄8000形を思わせるような車両です。
IMG_20170903_091119.jpg
 嵐山線から再び桂駅へ戻り、再び京都方面へ、その途中にこんな駅が...。
IMG_20170903_093248.jpg
 何ということでしょう!いつの間にか私は東武野田線の列車に乗っていたようです(すっとぼけ)。冗談はさておき、此方は阪急の(四条)大宮駅となります。阪急の前身である京阪神急行電鉄時代には京都駅と名乗っていたようです。しかし利用者は、関東の大宮駅(JR)の約10分の1程です(まあ日中は準急以外全て通過する時点で-お察しください-)。まあそれでもバリッバリの地方民である私からすれば十分多いと思いますが。
 大宮駅を出て2駅で終点の河原町駅へ到着。ここから京都市バス 急行104系統に乗って、とある場所へ向かいます。まあバスヲタバスに詳しい方ならこれだけで行先が分かると思いますが。
 京都駅を過ぎ、着いたのはこちら。
IMG_20170903_102725.jpg
 昨年夏、結局行くことができなかった京都鉄道博物館です。まあ予定通り近鉄に乗れていたらここには来れなかったのですが、他の部員の皆さんが京都鉄博に行っている中諸事情で仙台に戻らねばならなかったので、その後ブログで皆さん鉄博のことについて書かれていて歯がゆい思いをしていましたので、今回の旅に行けて良かったです。私が今迄で行ったことのあるのは、門司港の九州鉄道記念館、名古屋のリニア鉄道館です、その中でも、この京都鉄博の展示車両、資料の多さには目を瞠るものがあり、流石日本最大の鉄道博物館だなと感じました。
 下の写真の車両はキハ81 3です。Nゲージで前から欲しいなと思っていた「くろしお」です。このボンネット形気動車時代の「くろしお」ですが、天王寺〜名古屋間を紀勢本線経由で直通(現在のくろしお+南紀の区間)したツワモノで、食堂車も連結されていたそうです。やばい!乗ってみたい!
IMG_20170903_120043.jpg
 2階にはHOゲージの巨大レイアウトがあり、西日本の車両たちがあちこち走っている中、その中に堂々と居座っているのがコチラ。
IMG_20170903_135905.jpg
 キハ52氏のブログ内でも紹介されたキハ110、昨年夏より場所を変えられたりすることなく元気に(?)停車していました。JR東日本は京都鉄道博物館建設に協力していないんですけどね。本当に何故この車両が置かれているのか...。
 梅小路蒸気機関車庫にはさまざまな時代の蒸気機関車が静態、及び動態保存されていますが、鉄研の専門家の方々()程の知識は私は持ち合わせていないので、取り敢えずこの車両だけ。
IMG_20170903_124752.jpg
8630とありますが、こちらは8620形の11号機で、動態保存されています。同形式の車両に2017年現在、SL人吉で使われている58654号機(こちらも勿論動態保存車)があります。ナカーマですが、8630号機の方が8歳年上(1914年製造、58654は1922年製造)ですが、車籍が消されているという違いがあります。(58654号機は車籍を保有し、尚且つ動ける日本最古の車両)
↓ナカーマ、58654号機、人吉駅機関庫にて
IMG_20170817_125728.jpg
 京都鉄博の説明はこの位で、あとは行ってからのお楽しみということで。
 京都鉄博を後にして、来た道をそのまま戻っていきます。ここから日暮れまで阪急を乗り潰します。京都本線を戻り、朝行程を始めた富田駅を過ぎて淡路駅へ、ここでは大阪市営地下鉄堺筋線と相互直通運転をする(北)千里線と接続します。ここでは、地下鉄堺筋線の車両に乗ることができました。
 千里線を完乗した後、十三駅で宝塚線に乗り換えます。十三(じゅうさん)とは読みません。十三(じゅうそう)と読みます。ここから宝塚本線に乗り換えます。途中石橋駅より箕面(みのお)線が分岐しているので、そこも乗車。
IMG_20170903_184635.jpg
 箕面駅の近くには、ミスド1号店があるとのことですが、すぐの折り返しに乗車したので、今回は行けてません。そこからさらに阪急宝塚線を移動し、終点、宝塚駅に到着。駅名から察せるように、構内には宝塚歌劇団の広告がたくさん貼られていました。また、阪急宝塚駅とJR宝塚駅は隣接しており、阪急のホームからJR宝塚駅が望めます。
 そんな宝塚を過ぎ、阪急今津線、神戸本線を乗り継いで、梅田駅へ到着、今回のゴールとなります。
IMG_20170903_220635.jpg
 宝塚線、神戸線、京都線が1つに集まった阪急梅田駅、実際に見るとその規模の大きさには圧倒されます。西鉄の福岡(天神)駅が小ぢんまりとして見えますね。(阪急は9線、西鉄は3線...)
 あと、なんだかんだで梅田駅...もとい大阪駅で下車するのは今回で初めてだったりします。JRの新快速で通り過ぎるのが殆どでしたので...。最近JR大阪駅とを結ぶ希望の架け橋...もとい歩道橋ができたことで話題となったヨドバシカメラ梅田店などを間近で見たりして(以前は大阪駅から直接行くには入り組んだ不思議のダンジョン地下街を抜ける必要があったのだそうな)、7日目の旅は終了です。

 連続投稿となってしまいましたが、遅れを取り戻すべく必死なのであります()。明日もフリーパスを使いつつ、新宮へと近づいていきます(?)
 最後までご覧いただきありがとうございました。

・行程(9月3日)
富田‹普通 河原町行›高槻市‹快速急行 河原町行›‹普通 嵐山行›嵐山‹普通 桂行›‹快速急行 河原町行›河原町‹急行104系統 京都鉄博行›京都鉄道博物館‹急行104系統 神宮通行›河原町‹特急 梅田行›淡路‹各駅停車 天下茶屋行›天神橋筋六丁目‹普通 北千里行›北千里‹普通 梅田行›十三‹急行 宝塚行›石橋‹普通 箕面行›箕面‹普通 石橋行›石橋‹急行 宝塚行›宝塚‹普通 西宮北口行›西宮北口‹特急 梅田行›梅田

・初乗車区間
8日目でまとめて記載します。
8日目に続く...
posted by TRFC at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2017夏合宿報告6日目(あかつき) 9月2日

皆さんこんにちはこんばんは、投稿が遅れて申し訳ございませんでした。あかつきです。

 早速6日目の鉄道旅の概要を始めていきましょう。

 前日の大回りを終了した立川駅よりスタートです。この日は土曜日とはいえ、深夜帯でも駅の内外はかなりの混雑ぶりでした。まあこの駅の利用者は仙台駅のほぼ倍、福島駅のほぼ10倍()ですから、当然と言えば当然なのかもしれません。
IMG_20170902_002012.jpg
 0時を過ぎてもご覧の間隔で列車が来ているので、0時2分(2017年現在)で終電を迎える仙台では到底考えられないですね。(因みに博多駅の終電は1時13分ですが、0時代の本数は一番多いところで毎時3本です)
 今回最初に乗る列車は、上の画像にある通り、ムーンライト信州81号 白馬行に乗ります。夏の帰仙の時に乗ったムーンライトながらに引き続き夜行快速に乗っていきます。
IMG_20170902_002900.jpg
 やってまいりました189系が充当される当列車に乗り込みます。ムーンライトながらとは違い、今回は先頭車(非モーター車)で、完全なる()特急型車両なので、車内は静かで(185系ながらよりは)快適でした。この列車で約5時間かけて中央東線を走破し、大糸線に入っていき、白馬駅に到着しました。ここで189系は回送列車となり、幕回しが行われますが、アルプス、妙高号など、かつて充当されていた列車名の記載された幕をこの時に見ることができました。この記事の最後にそれらの幕を一部掲載しておりますので、ご覧になって、どうぞ。
 次の列車まで約1時間あるのですが、寒い!!完全に早朝の信州北アルプスの山中の寒さを甘く見ていました。一応長袖の上着は来ていたのですが、もっと暖かい服装を持ってくるべきでしたね。駅周辺には足湯や蕎麦屋があって、そこで暖を取りたかったのですが、私は呑気にホームで列車の撮影を行っていたので、どちらも既に満員...。取り敢えず、駅舎内で寒さを凌ぎ、次の列車を待ちます。1時間後、やってきました。
IMG_20170902_065017.jpg
 直流用701系とも言えるE127系となります。車内アコモデーションに関しては他の方が詳しく解説してくださっていると思うので(他力本願)いいとして、今回乗ったE127系は、新潟のE129系の加速音とよく似ていました。新潟地区(JR、えちごトキめき鉄道)のE127系の加速音も同じようなものなのか私、気になります。
 大糸線は姫川に沿って進んで行くので、一昨年(2015年)の夏合宿で行った高山本線高山以北と似たような風景だなあと感じました。南小谷駅より先はJR西日本の管轄となり、非電化となります。車両はJR西の陰陽連絡線等でお馴染みのキハ120です。1両だけだったので、18きっぱーと思われる乗客で混雑していましたが、平時の利用者はどれだけいるのでしょうか(大糸線糸魚川〜南小谷間の営業計数は三江線に次いで悪いそうです)...。
 南小谷から約1時間で糸魚川駅に到着しました。この駅の中にあるジオパークには、かつて大糸線を走っていたキハ52形が静態保存されていますが、時間の余裕がなかったので今回は訪問を断念しました。この先の列車に間に合わせるため、ここから先は新幹線を使って移動します。夢の超特急、はくたか551号に乗車。車両はなんとW7系が充当されていました。
↓車両側面のロゴや車両番号でE7系かW7系か区別できる。(W7系のWEST JAPAN RAILWAY COMPANYロゴ)
IMG_20170902_092108.jpg
 JTBの時刻表には全てE7系と書かれている(まあネットで調べれば運用は分かるようですが)ので、今回はラッキーでした。なお、同じ車両にふたば氏が乗車されていたようですが、直接会うことはありませんでした。シンカンセンスゴイカタイアイススジャータのバイラアイスを食べたのち、新高岡駅で下車しました。ここからまた在来線を移動します。今回のメインである快速べるもんたに乗車します。今回は往復分の指定席券をとっておきました。
↓城端駅にて
IMG_20170902_102540.jpg
 外観は九州の観光特急「かわせみ やませみ」の「やませみ」に似た色合いだなと思いましたが(べるもんたの方が早く運用に就いていたので、「やませみ」の方がパクリ「べるもんた」に似てると言うべきですが)、車内はレストランのような様相を呈していました(ボックス席&窓向きオープン席)。かわせみやませみ は回転式リクライニングシートがあるので、こちらの方がぼっちにも優しい使用です。行きで風景を楽しみ、帰りで新高岡駅で買った「ますのすし」と地酒、草もち(1個100円)で優勝し昼食を摂りました。40分程しか時間が無かったので、もうちょっとじっくり味わいたかった感もありましたが、美味しかったです。
IMG_20170902_104910.jpg
 高岡駅に到着後、あいの風ICOCAを購入し、氷見線に乗った後、高岡駅に再び戻って金沢駅へ移動しました。氷見線内完全に寝落ちしてて全く記憶になかったとか言えない...
 金沢駅ではサロンカーなにわ、花嫁のれん、七尾線の413系を見ることができました。今度七尾線にも乗っておきたいですね。
 金沢駅からはひたすら北陸本線を通っていきます。でも次に来たときは北鉄や富山地鉄、黒部峡谷鉄道にも乗っておきたいですね。金沢から敦賀までに乗った2つの列車は共に227系や225系5100番台などと同じ顔(前面)の3次車でした。ちなみに、金沢駅でIRICOCAを無事購入できました。IRいしかわ鉄道の窓口が混んでいなかったので、普通列車が発車する前に買うことができました。ずっと買いたいと思っていたので、今回で買えて良かったです。
 敦賀駅からは新快速 播州赤穂行で一気に関西方面へ向かいます。といっても、敦賀〜米原間は各駅停車なのですが。新快速内で一眠りし(途中で眠ったりしないように、次回以降はゆとりのある行程を組みたいですね...)、気が付いたら京都駅に着いていました、しかし京都では降りず、大阪駅まで行きます。大阪駅で環状線外回りの各駅停車で天王寺まで行きます。ちなみに大阪環状線は外回りが京橋→鶴橋→天王寺の右回り、内回りが西九条→新今宮→天王寺という左回りのルートをとります。2016年年末に帰省ついでに来た時には内回りだったので、今回は外回りで行きました。
IMG_20170902_201739.jpg
 やって来たのは323系、(編集日より)昨年末では結局乗ることはできなかったので、今回で乗れてよかったです。まあ本音を言えば、同じく昨年末乗れず、現在僅かしか残っていない103系に乗っておきたかったのですが。まあ103系なら私の地元に帰ればまだ乗れます()ので、新車の雰囲気を味わいつつ、天王寺へ、ここでとある鉄研OBの方とお会いし、夕ご飯をごちそうになった上にその方のマンションに止めていただきました。あの時は本当にありがとうございました。この場をお借りして御礼申し上げます。
 天王寺からOBの方の家までまた移動したのですが、個人情報に関わりそうなのでここでは割愛いたします。行程書くのが面倒とかではないです信じてください。

 因みにその時の夕食がこちら。大阪のお好み焼きです。2016年春に食べた広島焼き顔負けの美味しさでした。
IMG_20170902_213027.jpg

 6日目は以上となります。ここまででも全行程のまだ半分も終わっていないというね...。取り敢えず、まだ詳細が頭の中に残っている内に何とか終わらせたいと思います。

 最後までご覧いただきありがとうございました。

・行程
立川‹ムーンライト信州81号 白馬行›白馬‹普通 南小谷行›南小谷‹普通 糸魚川行›糸魚川‹はくたか551号 金沢行›新高岡‹快速べるもんた51号 城端行›城端‹快速べるもんた52号 高岡行›高岡‹普通 氷見行›氷見‹普通 高岡行›高岡‹普通 金沢行›金沢‹普通 福井行›福井‹普通 敦賀行›敦賀‹新快速 播州赤穂行›大阪‹環状線外回り›天王寺

・初乗車区間
大糸線:全線
北陸新幹線:糸魚川〜新高岡間
城端線:全線
氷見線:全線
大阪環状線:大阪〜天王寺間(京橋、鶴橋方面)

・189系幕回し抜粋
IMG_20170902_054408.jpg

IMG_20170902_054448.jpg

IMG_20170902_054515.jpg

IMG_20170902_054526.jpg

IMG_20170902_054547.jpg
7日目に続く...
posted by TRFC at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2017年09月16日

2017年夏合宿報告(キハ52) 7日目(9/7) 浜松→長井 ※最終回

 こんばんは、キハ52です。合宿報告は今回で最終回となります。

9月7日
浜松<こだま636号>静岡<東海道本線>三島<東海道本線>熱海<上野東京ライン>宇都宮<東北本線>黒磯<東北本線>福島<つばさ153号>米沢<米坂線>今泉<山形鉄道>長井

 普段、浜松から帰るときは8:32発の熱海行から上野東京ライン黒磯行に乗り換えですが、持っている乗車券が清水まで有効なので、静岡まで新幹線に乗りました。東海道区間では少なくなった700系です。私は煙草は吸わないので1号車に乗車しました。東海道新幹線開業時、禁煙車はまだ珍しいものでしたが、現在は700系16両編成の15、16号車を除き全て禁煙車となりました。

IMG_8702.jpg


 私が子供の頃は500系の全盛期で、そのあとに登場した700系は最高速度が285km/hであることなどから正直地味な存在でしたが、現在は廃車や東海から西日本への転属が相次いでいるようです。記録はお早めに。N700と比較すると、まず窓が大きいこと、次に座席が厚いことが挙げられます。また、掛川を出た頃車内検札がありました。乗車券と一緒に学生証をチェックされたのは初めてですね。JR東海真面目だなぁ。
 ちなみにこだまといえば、各駅でひかりやのぞみに抜かれるのが恒例ですが、このこだま、浜松で2本退避した後発車し、掛川は退避せずすぐに発車、静岡で2本退避というダイヤになっていました。
 静岡で、東京に向かうであろうサラリーマンたちと入れ違いで下車しました。このこだま、浜松9時21分発で、先程述べた浜松8:32発の熱海行を途中で抜きます。なので、ここからでもその普通列車に乗れたのですが、あえてそうしませんでした。そしてさらに興津行きを見送り、来た列車に乗り込みます。静岡といえばロングシートの313と211だらけのイメージがありますが、このスジの列車、今年から313系の3000番台が前2両に連結されるようになりました。外観と車内がこちら。

IMG_8715.jpg
IMG_8719.jpg


 見ての通りセミクロスシートです。普段は身延線や御殿場線、飯田線などで走っていますが、なぜか東海道本線のこの区間での運用もごくわずかながら担当するようになりました。
 1日目に泊まった清水を通過し、水害によって流され復旧工事を行ったため途中でトラスの形が変わる藤川橋梁を渡り、終点の三島。約15分後に、熱海に向かう普通列車が来ます。9月の平日ということで18きっぷシーズンにもかかわらずガラガラでした。

 熱海から、上野東京ラインで宇都宮へ直行。なお、この時間は高崎行も宇都宮行も10両という鬼畜?でした。品川から新橋まではまさかの東海道新幹線と並走。東海道本線と速度変わらないんですね…。順調に宇都宮に到着。そろそろ部活動がない学生の帰宅時間帯にかかるため、混雑を予想しましたが、それほどでもありませんでした。
 宇都宮から黒磯まで乗車した205系は、またしても埼京線からの転属車でした(ただし編成番号は違いました)。

IMG_8757.jpg


 黒磯直前で熱海発黒磯行の折り返し列車である通勤快速上野行とすれ違い、セクションを通過し黒磯に入線。なお、1本後の列車でもよかったのですが、黒磯で乗り換えが5分しかなく黒磯ダッシュ不可避だったので早いのにしました。

 夕方、黒磯〜福島は郡山で乗り換え不要の直通列車が多くなります。私が乗った列車、所定は701の運用なのですが、この日はE721が代走で入っていました。
IMG_8760.jpg


 来月の改正で、交流電車は黒磯に乗り入れなくなるので、私が黒磯でE721を見るのはこれが最後になるかと思います。ということで、黒磯の駅名標とともに記念撮影をば。
 夕方のラッシュど真ん中をぶち抜くため、矢吹や安積永盛から大量乗車がありました。黒磯から2両だったこの電車も、郡山で後ろに2両増結し、ラッシュに備えます。そのまま、終点の福島まで乗車。福島駅の新幹線改札内でそばを食べて夕食とし、つばさに乗って米沢へ。平日の便でしたが自由席は窓際はいっぱい、通路側も半分以上埋まるという混雑ぶり。マジで増発してくれ。
 米沢で下車し、米坂線に乗り換えです。なお、米坂線の米沢発は20:45。これ、終電です。そこ、早いとか言わない。田舎は20時越えたらほとんど人歩いてないんだから。
 売店で買った酎ハイを車内で飲みました。通学に使っていた路線の車内で酒を飲むのは何か違和感がありましたね…。
 今泉で下車し、長井線に乗り換えます。

IMG_8777.jpg


 ラッピングなどが各車両に行われ、鉄コレのような開業時からの塗装そのままの営業車両はいなくなりました。あと気付いたのは、ホームの喫煙所の灰皿がコンビニとかによくあるタイプに変わっていたことでしょうか。今回は都合により長井まで長井線に乗りましたが、運賃が6kmで340円と高いので、どこかに行くときは今泉まで車ということが多いです。また、他の住民も新幹線で東京に行くときは赤湯まで車という人が多いのが現状です。数日後に長井線に乗ったところ、鉄道むすめ関連のイベントなどで思ったより人が乗っていましたが、それでも黒字は難しいでしょうね…(でも名古屋を走る城北線より多いってどういうことなの…)。
 長井駅に到着。ぼろくて虫がたかっていたトイレが新しくなっていました。そのまま実家へ帰り、合宿は終了となります。
 駄文と蘊蓄の羅列になっている気がしなくもないですが、ここまでお読みくださりありがとうございました。以下、今回の合宿のまとめです。今回は合宿初の車中泊・船中泊なしとなります。おかげでいつもより楽だった

9月1日
国見<仙山線快速>仙台<東北本線(郡山から直通)>黒磯<東北本線>宇都宮<上野東京ライン>伊東<伊東線>熱海<東海道本線>沼津<ホームライナー浜松5号>静岡<徒歩>新静岡<静岡鉄道>新清水

9月2日
清水<ホームライナー沼津2号>富士<身延線>甲府<中央本線>岡谷<中央本線旧線>辰野<中央本線旧線>塩尻<篠ノ井線>松本<篠ノ井・中央本線>中津川<中央本線快速>勝川<東海交通事業城北線>枇杷島<東海道本線>尾張一宮(名鉄一宮)<名鉄名古屋本線>笠松<名鉄竹鼻・羽島線>新羽島(岐阜羽島)<東海道新幹線>米原<琵琶湖線>彦根

9月3日
彦根<琵琶湖線>米原<新快速>播州赤穂<山陽新幹線>福山<山陽本線>糸崎<山陽本線・可部線>あき亀山<可部線>大町<アストラムライン>広域公園前<アストラムライン>本通<アストラムライン>新白島<山陽本線>瀬野(みどり口)<スカイレール>みどり中央<スカイレール>みどり口(瀬野)<山陽本線>広島<山陽本線>海田市

9月4日
海田市<呉線>矢野<快速通勤ライナー>広島<芸備線快速みよしライナー>三次<芸備線>備後落合<木次線>宍道<山陰本線>松江<特急やくも>米子

9月5日
米子<特急スーパーまつかぜ>倉吉<特急スーパーはくと>京都<東海道新幹線>新大阪<特急くろしお>新宮

9月6日
新宮<特急南紀>松阪<快速みえ>津<紀勢本線>亀山<関西本線>柘植<草津線>草津<琵琶湖線>京都<東海道新幹線>浜松<東海道本線>高塚<東海道本線>浜松

9月7日
浜松<東海道新幹線>静岡<東海道本線>三島<東海道本線>熱海<上野東京ライン>宇都宮<東北本線>黒磯<東北本線>福島<山形新幹線>米沢<米坂線>今泉<山形鉄道フラワー長井線>長井

posted by TRFC at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2017夏合宿報告(キハ52) 6日目(9/6) 新宮→浜松

 みなさんこんばんは、キハ52です。

9月6日
新宮<特急南紀4号>松阪<快速みえ10号><紀勢本線>亀山<関西本線>柘植<草津線>草津<琵琶湖線>京都<ひかり474号>浜松<東海道本線>高塚<東海道本線>浜松

 朝起きると、18きっぷの始発組はすでに宿を出ていました。特急列車組はそのあとで支度をして、8時過ぎに旅館を出て、コンビニで買い物をしてから新宮駅へ。ここで、南紀に乗る組とくろしおに乗る組に別れます。くろしおの方が出発が40分ほど早いので、入場券を買ってホームに入り、くろしお組を見送りました。くろしお組はそのあと、御坊や和歌山で下車する人もいて、それぞれ解散となったようです。一方、南紀組は私とふたば氏の2名。南紀発車まで時間があるので、徐福公園に行ってきました。

IMG_8617.jpg


 いよいよ南紀に乗車。先頭車が自由席で、2列目が空いていたのでそこに座りました。以前は熊野市まで南紀、その先はキハ40でしたが、現在、普通列車はキハ25に統一されています。
 2時間ほど乗車した後に松阪で下車しました。ふたば氏とはここでお別れです。2日前のやくもから続いた特急・新幹線への乗車も、これでいったん終了です。ちなみに、新大阪から新宮までは特急で4時間、新宮から名古屋までは特急で3時間ほど。距離は新大阪〜新宮は約276km、新宮〜名古屋は約208km。特急でも7時間かかるとはさすがに紀伊半島はでかい…(なお、紀伊半島の先端は新宮ではなく西日本管内の串本です)
 松阪で松阪牛の駅弁を買い、次の快速みえでいったん、三重県の県庁所在地である津へ。乗り換えに30分ほどあったので、ホームで駅弁を食べました。

IMG_8641.jpg


 ここから伊勢鉄道で四日市には向かわず、紀勢本線をそのまま進み亀山を目指します。もともと名古屋から鳥羽や新宮へ向かう列車は関西本線で亀山まで行き、亀山でスイッチバックをして目的地に向かっていたため、この区間も優等列車がありましたが、伊勢鉄道の開通により、優等列車はそちらを通るようになり、現在はキハ25の普通列車が走っています。これで亀山に到着すれば紀勢本線完乗…ではありません。実は、和歌山市から和歌山も紀勢本線(支線ではない)なので、そちらも乗らないと完乗にならないのです。
 亀山に到着。加茂行のキハ120に乗り換えます。300番台でしたが、すでに待っているお客さんが多かったのでボックス席には座りませんでした。峠を越えて柘植に到着。草津線に乗り換えです。草津線の主力は、抹茶色の113系。

IMG_8650.jpg


 転クロ車もいますが、私が乗ったのはボックスシートの車両でした。朝夕は京都までの直通がありますが、今は昼間なので草津で乗り換える必要があります。
 そのあと、新快速で京都へ。昨日のスーパーはくとの乗り継ぎ割引の相手、ひかり474号に乗車します。なお、岡山始発であること、閑散期であることから指定席を取っておきました。並ぶ必要ないのって楽だなー。
 ちなみに、新大阪始発で静岡県内の駅を全スルーするひかりは米原と岐阜羽島に停まりますが、静岡県内の駅、浜松、静岡、三島or熱海に停車するひかりは米原と岐阜羽島には停まりません。つまり、京都から名古屋まではのぞみと同じくノンストップになります。そして、このひかりが出る3分前には、東京行ののぞみが出ます。京都駅では、のぞみがホームから出る前にひかりが到着し、名古屋駅でもひかりが到着しているそばをのぞみが発車していきました。どれだけ過密ダイヤなんだ東海道新幹線…。

IMG_8669.jpg


 …それにしてもN700って座席薄いですね。それと、東海道新幹線に乗って思うことは、走行時の騒音が他の新幹線に比べて静かなこと、防音壁が低いこと。現在、新幹線は主にコンクリートの道床を使用していますが、東海道新幹線建設当時はコンクリート道床の品質が粗悪だったため、バラスト軌道になりました。バラスト軌道では道床が吸音材の役割も果たすため、防音壁がないところも多くあります。
 浜松に到着しました。改札を出て、徒歩1分のホテルにチェックインし、すぐに駅に戻って豊橋行の電車に乗りました。なぜこんなに急いでいるかというと、静岡ではおなじみのあそこに行くためです。
 高塚で下車。そして徒歩10分でお待ちかね。

IMG_8685.jpg


 静岡名物さわやか。今回も高塚でいただきました。急いでいたのは、18時に近くなると混雑するためです。平日の17時半ごろなら、待ち時間0で席に通していただけます。
 というわけで、さわやかで腹を膨らませ、院試の結果も合格と出たところでホテルに戻り、この日の行程は終了です。

・次回は浜松〜長井です。

<ギャラリー>

IMG_8604.jpg
徐福公園入口

posted by TRFC at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2017年09月15日

TRFC2017夏合宿報告(JK) 5・6日目(9/8・9)

こんにちは、JKです。
ついに旅行も終盤です。

朝起きて、ホテルをそそくさと出て福島へ向かいます。
もちろん都道府県としての知名度はとてもありますが、大阪で生まれ育った人は福島といえば大阪のほうを思い浮かべるんでしょうか・・・(*´∀`*)。

合宿_184.jpg
4日目に決めた通り、こちらへ。

実はうちの大学、国立美術館キャンパスメンバーズ?ではないんですよね。
指定なんとかに選ばれたならメンバーになってもよいとは思うんですが・・・。
理系の大学だからとかはあるんですかね・・・?

そんな文系の戯言はおいておいて・・・。中は結構混んでいましたがバベルの塔を拝めたのでよかったです。

駅へ向かう途中でお店を発見!昼食ですわーい(嬉しい顔)
合宿_185.jpg
美味しいです、はい。
まぜそばっていうのも久しぶりに食べた気がします。

そのまま京都へ・・・。
合宿_189.jpg合宿_203.jpg
こんなやつらに出会い、東本願寺でお参りをして、(時間的に厳しかったので)帰ります。
次は鴨川とかゆっくり眺めたいですね。
京都駅では関西の大学の応援団が演舞を行っていました。やはり応援団はカッコイイです。

合宿_204.jpg
5日目はひたすら東へ行きます。

神田に0時40着?懲りずにまたネカフェです。

4時前にネカフェを出て、東京駅まで歩きます。意外と距離があります。
合宿_209.jpg
日本橋でこんなものが。

合宿_210.jpg
こんな閑散とした東京駅も珍しいのでパシャっと。

東京からはJKで上野、JUで宇都宮、黒磯、郡山、福島、仙台と帰宅しました。
シティラビット、かなり混むんですね、びっくりしました(*_*)

最後のほうはだらけた投稿になってしまいましたが、これで旅行記は以上になります。
今回の反省をいかしてまたどっかに旅行に行きたいですね。
もっとも、グルメツアーになってしまうかもしれませんが(笑)

JKでした、拙い文章ではありましたが、ご覧いただきありがとうございました。
(Thank you for traveling with us and we look forward to serving you again.)なんてね・・・。

JKend

合宿_218.jpg
posted by TRFC at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

TRFC2017夏合宿報告(JK) 4日目(9/7)

こんにちは、JKです。
どんどんいきます。いかせてください。

素敵な朝食にホテルの素晴らしさを感じながら朝を迎えます。
不覚にもたくさん食べてしまいました。
古い友人は四国に旅行に行ったようでホステルといいますかゲストハウス泊をしたようで絶賛していました。
心がもう少し大人になればそういうのもありかもしれませんね。(⌒∇⌒)

奈良に来たら法隆寺に行こうということでレッツゴー。
IMG_0580.JPG
もっとも、修理中だったようですべては見られませんでした。
しかし、現地の観光ガイドさんが2時間かけてゆっくりと各ポイントの説明をしてくださいました。なかなか知識に乏しい私が1人で行ったら気づかないようなことも丁寧に解説していただけたので、法隆寺に行かれる方はぜひ案内してもらうといいと思います。ボランティアでやられているようでした。
(修学旅行生が多いのは季節柄ですかね・・・。)

IMG_0584.JPG
パシャっと。

午前中はこれにて終了。
駅に着く直前に雨がアニメのように降りだしました。すぐ止んでくれてよかったですが・・・。

午後は大阪に向かいます。

IMG_0585.JPG
新今宮で乗り換えたのでしょう。難波の方へ向かいます。
接近放送も東日本とは全く違いますね。僕はどちらも好きです。(^▽^)/

合宿_142.jpg
駅名標をパシャっと。
鉄道以外にも趣味がありましてそちらはそれほど大っぴらにはしていないのですが、その関係で難波のお店をよく調べていたので・・・。

お昼ごはんです。複雑な小道を抜けて・・・。
合宿_144.jpg
中華そばです。美味しかったです・・・。
旅の途中のご飯は本当においしく感じますね。

合宿_149.jpg
難波界隈を散歩します。道頓堀です。
グリコのやつとか見て、ちょっと移動。
大阪城公園に行きました。しかし、あいにくの天気。
ふとネットを開くと、大阪環状線103系引退の記事。森ノ宮でお休みしてましたが、運用的に夕方から走り出すということで桜ノ宮駅で待機。

桜ノ宮でカメラを構えていると、この列車は天王寺に行きますか?と尋ねられました。
若干というかだいぶあせりましたが、反対側に天王寺行きが走っていたのでなんとか大丈夫でした。
環状線ってかなり複雑ですね。1周回ったと思ったら関空の方に行ったり。ファンとしては面白いですけどね


IMG_0592.JPG
IMG_0594.JPG
練習電を何本か。5本くらいですかね。
久しぶりに練習電という言葉を使いました(笑)。連写はなかなか難しいです。

IMG_0600.JPG
そして103系。
ブレてるのは経験不足です。103系に申し訳なさはあります。

103系に乗って大阪へ。
そこで『バベルの塔』展の広告を発見!なんでも大阪で今やっているみたいです。
東京は日程的にあきらめていたのでこれは行くしかない!!!
5日目に行くことを決めました。103系、ありがとうございます。(いろいろな意味で。)

夕食です。551です。有名ですね。
合宿_167.jpg

ホテルへ向かいます。
新今宮駅の近くにあるということで、立地はあまりよろしくはありません。
まぁ、何もなかったのでよかったです。(気になる方は調べてもいいかもですね。)

夜の通天閣を眺めて、地下鉄に乗ってしまいました。
合宿_173.jpg

ホテルに到着。テレビをつけて野球を見ます。(あるあるですかね(〃▽〃)ポッ)

では、おやすみなさい眠い(睡眠)

posted by TRFC at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

TRFC2017夏合宿報告(JK) 3日目(9/6)

こんにちは、JKです。
連投になります、すみません平謝り

もっとゆとりをもって投稿すべきなのですが、12〜15と東京に行っておりまして、17か18にまた東京に行く予定なので。

3日目です。
始発に乗るために早起き。
天気が良ければ新宮周辺を散歩したかったのですが微妙だったので予定通りの列車に乗ります。よくよく考えてみれば新宮なんて来る機会めったにないですよね。ほとんど寝るだけの場所になってしまいました。残念・・・。
同じルートをたどり、会員の方々とは多気でお別れ。再び1人旅がスタートとなります。(リスタート?)

多気からは亀山行きに乗ります。途中で会員の方々に追い抜かれます。

合宿_80.jpg
亀山に着き、あ、211系に乗るのかと思ったら違いました。
関西?中部の鉄道事情は全くわかりません(;^_^A

合宿_81.jpg
こんな車両が到着。珍しいのでパシャリ。(とはいってももう何もかもが新鮮なのですが・・・。)
ラッピング車両でした。

IMG_0479.JPG
なんでもこのホーム。大正2(1913)年に建てられたそうです。

合宿_85.jpg
そして加茂へ。JR西日本の車両です。USJに1回行ったきり(しかも7年前?)なので関西の電車にきちんと乗るのは初めてといっていいでしょうか。奈良へ向かいます。

書店でJTBの旅行ガイド(北海道に続き2冊目)を購入し、食事処を探します。
こちらのお店が気になったので(*''▽'')
合宿_89.jpg
お庭のみえるご飯屋さんで茶粥をいただきました。
ほうじ茶にしましたがとても味わい深かったです。

奈良公園、春日大社、東大寺を巡りました。
IMG_0490.JPG
鹿があまりにも近いのでΣ(・□・;)おどろきました。
鹿せんべいを買おうとすると鹿も売店のそばで待っているのです、ずいぶんと学習能力があるんだなと思いました。

合宿_118.jpg
夜ご飯はホテルへの道の途中でみつけた釜めしをいただきました。
だいぶグルメツアーになっている気もしないでもないですが・・・。
美味しい料理を食べることができてだいぶ幸せでしたにこにこ

興福寺、五重塔に寄りつつ奈良駅へ。
ロッカーに預けた荷物を回収し、スーパーでお買い物。

そして21時前には無事ホテルへ・・・。この安心感たるや・・・。

では、おやすみなさい眠い(睡眠)




posted by TRFC at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

TRFC2017夏合宿報告(JK) 2日目(9/5)

こんにちは、JKです。

前回は初回ながらやや暗い感じになってしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)
今回は張り切ってやっていきますよ^^

慣れないネカフェでは寝れるわけもなく・・・。
6時過ぎにお店を出ます。

さぁ、何をしようか。
名古屋といえば名古屋城!ということで矢場町から地下鉄に乗り込みます。
合宿_16.jpg
駅名標をパシャっと。

名古屋城には市役所駅が最寄りだそうですがそんなの知りません。名城公園駅で降ります。
合宿_21.jpg
朝日を浴びながら徹夜明けの大学生は歩きます。いい天気でよかったです手(チョキ)

合宿_27.jpg
ほどなくして名古屋城に到着。
入場時間が設定されているようでしたので、堀沿いに一周しました。

合宿_32.jpg
水面に映る姿はやはり何でも綺麗ですね。

そのまま地下鉄に乗ってもよかったのですが、新宮に行くまでにまだ時間の余裕があったので40分かけて名古屋駅へ。徹底的にカラダをいじめぬきます( ^ω^)・・・。
名古屋駅を『名駅』と略すんですね。

名古屋に来て、18きっぷスタートです。
せっかくだからと朝食(9時)を。この時間は駅が非常に混雑してました。
住よしのきしめんをいただきました。
各ホームに店舗があるんですね、これは驚きました。
その後、駅隣のビルでひと休み。高島屋やオフィスが入っているビルはとても綺麗でした。

10時半過ぎ、エスカに到着。フラフラと散歩します。
SKE48の広告が目立ちます。(宮城県出身の菅原さんにはぜひとも選抜入りへ頑張ってほしいですね。)

11時開店のこちらのお店へ。
合宿_55.jpg
矢場とんです。
名古屋といえば味噌カツ!こちらのお店は昭和22年創業ということで伝統がありますね。
みそかつ丼をいただきました。味噌がきいていてとてもおいしかったです!

昼食をすませ、再び旅行へ戻ります。
11時37分発の『快速みえ』で多気に向かいます。
なんでもこの快速列車、時間短縮のために別の鉄道会社線を通るそうで+510円かかりました。
なんとか途中で座ることができました。

合宿_60.jpg
名古屋で乗車する直前にこんなやつが。不意打ちをくらいました。
一眼レフの性能に撮影者の技術が追い付いていないのでこんな写真に・・・。(;´д`)トホホ。

多気から乗り換えて新宮へ。ロングシートに長時間はなかなか疲れます。乗客も多くはなかったので幸いしましたが。途中からは学校終わりと思われる学生たちが。電車通学もなかなか大変でしょうね。

合宿_74.jpg
新宮駅にてこんな石碑がありました。歴史を感じます。

会員の方々と合流。夕食をすませルート発表会。
気が付いたら朝になっていました。恐ろしい・・・。
体力的に厳しいスケジュールを組んでしまったのかもしれません。これは反省事項ですね。

では手(パー)
posted by TRFC at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2017年09月14日

2017年夏合宿報告(キハ52) 5日目(9/5) 米子→新宮

 皆さんこんにちは、某氏と大回りしようと思ったら起床事故を起こされたキハ52です。

9月5日
米子<特急スーパーまつかぜ2号>倉吉<特急スーパーはくと4号>京都<のぞみ221号>新大阪<特急くろしお13号>新宮

 お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、この日は普通列車に乗っていません。
 朝、宿を出て、米子始発の特急スーパーまつかぜ2号に乗車しました。

IMG_8477.jpg


 このスーパーまつかぜ、鳥取付近での通勤需要に合わせて4連で運転されています(他は基本2連)。検札の様子を見るに、特急列車用の定期券が発売されているようです。この辺りは一線スルー化された駅も多いようで、通過時の減速も少なく、路盤もしっかりしていました。
 途中の倉吉で下車。実は、鳥取で下車しても倉吉で下車しても特急料金は同じなのですが、この後の特急に始↑発↓から終↑点↓まで乗りたかったので倉吉で下車しました。7時半ごろだったので、通勤・通学客であふれかえっていました。お土産を購入し、本日のメイン、スーパーはくとに乗車します。


IMG_8481.jpg


 気動車特急ですが、倉吉を8時12分に出発し、京都には11時47分に到着するという俊足ぶりです。倉吉発車前、昨日も見たコナンラッピング列車が米子の方へ走っていきました。さて、倉吉を発車。鳥取までは山陰本線を走行します。朝時間帯ということもあって、キハ47の4連や5連がごろごろ走っていました。なお、倉吉を出た後、次の松崎で運転停車し、普通列車を退避。ダイヤの都合で倉吉交換にできなかったんですかね??

 鳥取駅には、昨日松江で見た瑞風が留置線に停まっていました。私は瑞風のダイヤとコースを調べていないのでよくわかりませんが、昨日はサボに「下関→大阪」と書かれていたので、乗客は鳥取で降りて観光に行ったようですね。
 鳥取からは山陰本線と別れ、因美線へ。因美線は津山から鳥取まで至る路線ですが、特急が走る鳥取〜智頭と普通列車のみの智頭〜津山では軌道状態も使用車両も異なります。
 智頭から智頭急行に入り、一気に中国山地を南下します。この智頭急行、鉄建公団によって建設され、紆余曲折を経て第三セクターとして開業した路線で、かなりの高規格になっています。同様に建設された路線に北越急行がありますが、あちらは北陸新幹線の開業により、特急はくたかが廃止されてしまいました。しかし、こちらは陰陽連絡の新線建設計画が今のところないため、しばらくは安泰だと思われます。線形が良い分トンネルも多くなっていますが、最長のトンネルでも長さは5kmほど。北越急行に乗り慣れた方なら、トンネルはそんなに長く感じないかと思います。
 制御付き振り子を作動し、最高速度130km/hで智頭急行線内を快走します。ただし、全線が単線のため、途中の駅で何度か運転停車しました。河野原円心で対向の特急列車が遅れたため、こちらも遅延しました。
 上郡から山陽本線に入ります。ホームに列車待ちの人が結構いたので時刻表で確認したところ、すぐ後ろまで岡山からの普通列車が迫っていたようです。なお、このスーパーはくと、新幹線が走っていない上郡に停車し、新幹線停車駅の相生を通過します。また、新幹線が走っていない明石に停車し、新幹線停車駅の西明石を通過します。さらに、兵庫県の県庁所在地名を冠した神戸を通過し、三ノ宮に停車します(県名を冠した兵庫駅には新快速も停まらない時点でお察し下さい)。西明石を通過するとき、ちょうど山陽新幹線のEVA仕様の500系が駅に入線しようとしていたのですが、寝不足のせいかWIN350に見えました(※WIN350:正式には500系900番台。要は500系を開発する際に製作した試験車)。
 新快速にも負けず劣らず爆走し、新大阪に到着。ここでくろしおに乗り換えるわけではありません。そのまま京都まで行きます。なお、私は自由席の1号車に乗ったのですが、どうやら新大阪から京都まで1号車に乗っていたのは私だけだったようです。

 京都で駅弁を買い、新幹線で新大阪に戻ります。丁度いい時間にこだまがなかったので、ひかりに乗ろうとしたのですが、ギリギリで駆け込み乗車になりそうだったので6分後の新大阪行ののぞみに乗りました。
IMG_8565.jpg


 新大阪で下車し、くろしおが出る11番ホームへ。新宮への交通手段として今回考えられるのは、原付、特急くろしお、特急南紀、普通列車、八木新宮線(路線バス)がありましたが、方向としては紀勢本線(西回り)(東回り)、八木新宮線の3方向しかなかったのでまぁ誰かと会うとは思っていました。自由席の列に並んで待っていると、マルス券ではない指定席特急券を持ったTJライナー氏がやって来ました。その後、白浜出発時点ではグリーン車にふたば氏とあかつき氏、隣の自由席車にハノ10氏、指定席にTJライナー氏と、バランバラン(※CV若本紀夫)に乗車していました。

IMG_8581.jpg


 ところで、この283系、3号車にラウンジがあります。乗客が減ってくる白浜を出た後、串本まで、このラウンジスペースに集まって談笑しました。いやぁ、青春ですねぇ(しみじみ)。
 串本を出た頃解散し、新宮までそれぞれの席に戻りました。公式Twitterを見て頂いている方は、9月6日、この翌日にくろしおから撮られた海岸の写真が掲載されたことはご存知かと思いますが、この日はくもりもしくは雨、という天気で、晴天で日光が無いと光の反射の関係で海がきれいな青に染まらず、あまり良い景色とは言えませんでした。誰だ雨男(なお私は雨予報の高岡に行ったとき2回とも晴れたので雨男ではないです。たぶん)。

 2年前に来た時は、台風の影響で紀伊勝浦〜新宮が運休となり代行バスに乗ったのですが、今回はきちんと鉄路で通ることができました。しかしまさか必殺徐行区間があるとは…。

 新宮に到着し、いろいろなルートで回ってきた会員たちと合流。原付で来た某氏と、八木新宮線で来た某氏を迎撃して宿へ。近くにラーメン屋があったので行ってみたところ、11人という大所帯にもかかわらず部屋を用意してくださり、そこで夕食としました。

IMG_8602.jpg


 院試終了、ということで、4年生組はそれぞれ日本酒、酎ハイ、ビールを注文して飲みました。その後、宿へ戻り、交互に入浴を済ませてからルート発表会に。3人ほど青春18きっぷを買い忘れて金券ショップを漁りまくっていたり、磁気券よりも怪しい切符のほうが多い人がいたり、そもそも乗車券の経路と見た目が普通じゃなかったりと、いつもに増してカオスなルート発表会だったと思います。
 2時ごろ終了となり、そのまま就寝となりました。ちなみに宿のトイレはリフォームされていましたが、窓枠が古い木のままで、何か懐かしい感じになりました。

<おまけ>
※1:新大阪駅にワゴンRが展示されていたのですが、それが低燃費を売りにしていたようで、大きく燃費が書かれていました。でも大阪でこの燃費は…

IMG_8577.jpg

なんでや(ry



※2:実は、はくとに京都まで乗った理由は始発から終点まで乗る、以外にもう一つあります。特急列車から新幹線に当日または翌日に乗り継ぐ場合と新幹線から特急に当日に乗り継ぐ場合、乗り継ぎ割引が適用され特急列車の特急料金が半額となります。例えば新大阪〜新宮の自由席特急料金は1940円ですが、京都から新大阪まで新幹線に乗り新大阪から新宮まで特急に乗ると、新幹線の自由席特急料金が860円、特急列車の特急料金が
970円となり、合計1830円と、特急にのみ乗る場合に比べて安くなります。単にこれを使いたかっただけです。なお、はくとの方も翌日に京都から新幹線に乗るのでしっかり乗継割引を効かせていますよ。
 ただし、東京、大宮、富山、九州内の各駅など、一部乗継割引適用外の駅がありますので、詳しくは時刻表の切符につてのページがJR各社のホームページでご確認ください。

※3:八木新宮線とは?
 高速道路に入らない一般のバス路線では日本最長の距離を走る路線バス。大和八木駅から新宮駅の166.9kmを十津川村を経由して結ぶ。停留所数は167、所要時間は6時間30〜40分。途中で何度かトイレ休憩のための長時間停車を行う。

<次回予告>
・南紀
・草津線
・さわやか

次回は新宮→浜松です。
※合宿後は中身薄くなるかと思います。

posted by TRFC at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2017年夏合宿報告(マリン) 2日目(9/5)

こんにちは、マリンです。大分日が空いてしまいましたが、引き続き2日目の合宿報告をしていきます。寝不足がたたって、朝は起きるのに苦労しましたが、何とか起床して荷物をまとめていると、中部国際空港(セントレア)の横を通過するとのこと。ちょっと写真では見えにくいですが、管制塔など、空港の建物を見ることができました。

図1.jpg

さらにしばらくすると今度は名港トリトンという愛称で親しまれる橋の一つ、赤色の名港西大橋が見えてきました。橋の下ギリギリを通る様子は壮観です。

図2.jpg

図3.jpg

名古屋港からは名古屋市営バス、あおなみ線を乗り継いで名古屋駅を目指します。あおなみ線はウワサのレゴランドジャパンのラッピングがされた車両でした。

図4.jpg

名古屋駅では、TOICAのデザインが変わった(キャラクターのひよこが描き加えられた)ということで、ICカード収集家として、これは買わないわけにはいかないと購入してきました。愛くるしいひよこが旅に花を添えてくれること間違いなしです(?)。一緒に写りこんでいるのはKIPS ICOCAという記名式のICカードで、簡単に言うと近鉄のポイントカードとICOCAの機能が一枚になったカードです。こちらも最近存在を知ったのでせっかくならと購入しました。

図5.jpg

名古屋駅からは特急ワイドビュー南紀号に乗る前に昼食をとろうと思っていたのですが、行動の遅い問題児の私。時間ギリギリになりつつなんとかきしめんを頂いて列車に乗り込みます。

図6.jpg

南紀に揺られて一路新宮へ。川のながれや太平洋を望みつつ、1日目の合宿記を書いていると、雲行きが…?誰のせいだかよくわかりませんが天気はどうやら下り坂のようです(冷や汗)。

図7.jpg

図8.jpg

合宿地は新宮なのですが、南紀はその先の紀伊勝浦まで運転するため、どうせ乗るならと終点まで行ってきました。ハイビスカスの花や、那智神社をイメージしたという連絡通路が特徴的な駅です。

図9.jpg

図10.jpg

さてさて、ベンチにくっついていたムカデを始末していると新宮行きがやってきました。これで合宿地まで戻ります。車内は帰途に就く中高生であふれかえっていました。いつも思いますが、その地域でいつも通りの生活を旅行で垣間見れるのってちょっと好きです。

図11.jpg

新宮での集合時間は列車の到着時間に対して少し遅めに設定していました。詳しくは本人の報告で語られると思いますが、「鉄道」以外での参戦者もいたようで…。

図12.jpg

ルート発表会は参加者が多いため予想通りのグダグダっぷり。今回もとんでもないルートやらとんでもない事件が飛び出しましたが…それは当事者のブログでどうぞ。

それでは最後に旅程をまとめて2日目を締めさせていただきます。
最後までお読みいただきありがとうございました。

[太平洋フェリー]名古屋港[名古屋市営バス]野跡駅[あおなみ線]名古屋駅[特急南紀(関西本線・伊勢鉄道線・紀勢本線)]紀伊勝浦駅[紀勢本線]新宮駅
posted by TRFC at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2017年09月13日

2017年夏合宿報告(キハ52) 4日目(9/4) 海田市→米子

 みなさんこんにちは、2週間ぶりに研究室に顔を出したら蒸発説が囁かれていた…わけでもなかったキハ52です。
 今回は4日目の報告になります。「4日目」が「4日」なのでもう日付書く必要ないんじゃないかとふと思ったのですが、わかりづらくなるのでそのまま併記します。余談ですが、私は2001年度に小学1年だったので、西暦何年に何年生だったのかという計算は楽です。…ほんとにどうでもいいですね。え?2001年に小1で今大学4年じゃ計算が合わない?…君のような勘のいいガキは嫌いだよ
 はい、茶番は終わりにして。

9月4日
海田市<呉線>矢野<快速通勤ライナー>広島<芸備線快速みよしライナー>三次<芸備線>備後落合<木次線>宍道<山陰本線>松江<特急やくも30号>米子

 ラッシュも終わりを迎える頃、宿を出て、まっすぐに駅へ。駅に入る前と、ホームに入った後、山陽本線の下り線を、この機関車が通過していきました。

IMG_8278.jpg


 EF67形電気機関車。前回の記事で、八本松〜瀬野が片勾配になっているという話が出たかと思います。この区間、上り線の場合は22.5‰の上り片勾配が延々と続くため、貨物列車には現在も補機が連結されます。この補機として使われているのが、EF67です。下りの場合は補機が必要ないため、下り線を走行する場合は写真のように単機回送されます。山陽新幹線開業前の山陽本線が過密ダイヤだった時代は、御殿場と同様に走行したまま補機を切り離していたそうです。現在は後継のEF210形300番台が製造されており、EF67は数を減らしていますが、まだ運用があるようです。

 さて、朝からいい写真が撮れましたが、すぐに広島駅へ向かうのではなく、一旦呉線で隣の矢野駅へ移動します。なぜかというと、この時間に走っている快速通勤ライナーは隣の矢野駅に停車し、海田市駅を通過するからです。時間に余裕があることもあり、この通勤ライナーに乗ってみよう、ということになったのでした。
 海田市から乗った広行は6両編成だったのですが、矢野から乗った快速通勤ライナー岩国行(広島から普通)は3両でした。9時を回っていたので、ラッシュ終了、ということなのでしょう。

 
IMG_8285.jpg


 矢野の次は広島まで停まらないため、9分で広島駅に着きました(参考:広島〜海田市は普通10分、快速7分)。広島駅で朝食にしました。なお、DOUTORで朝食にしようと思ったのですが、この駅のDOUTORは新幹線改札内にあるため、DOUTORで朝食をとるためだけに入場券を買いました。まあ約1年でDOUTORに110店舗以上行っている先輩もいらっしゃるのでこんなの序の口ですよ序の口。

 さて、朝食をとった後は芸備線のホームに移動。芸備線の快速みよしライナーに乗車します。車両はキハ47。実は、今回の旅でヨンマルに乗るのはこの日に2回だけ、だったりします。

IMG_8305.jpg


 津山線も同様なのですが、ヨンマルの加速力やダイヤ設定の関係上、快速と各駅停車では所要時間に30分ほど差が出ています。
 広島から80分ほどで三次に到着。残念ながら次の三江線の列車は14時過ぎということで、三江線の列車は撮影できませんでした。そのあと、三江線と芸備線の分岐点が見える踏切に行きましたが、分岐点がわかりやすい写真を撮るには踏切内で立ち止まるか線路内に立ち入らなければならなそうなので諦めました(※線路内立入は犯罪ですので絶対にやめましょう)

 さて、三次で昼食をとった後は芸備線で備後落合を目指します。9月の平日とはいえ、同業者も割と多く。なお、三次から宍道までキハ120の0番台だったため、オールロングシートです。座席が埋まる程度の乗車率でした。
 80分程度で備後落合に到着。かつては陰陽連絡路線の結節点としてにぎわった駅も、現在は1両の気動車が1日に数回行き交う無人駅となりました(※芸備線の車両が滞泊するため運転士用の宿舎はある)。
 もっとも、駅周辺にははっきりいって何もないので、ここが木次線と芸備線の接続駅でなければ最初から賑わうこともなかったかもしれません。
IMG_8347.jpg


 折り返し宍道行きとなる木次線の車両からは、木次線沿線の駅をめぐっていたTJライナー氏が怪しい切符を片手に降りてきました。TJライナー氏は私が来た道を戻って三次に向かいました。列車が来る前、ちょうど後ろに並んでいた人と「9月の平日なのに多いですね〜」という話をしていたのですが、木次線から降りてきた知り合いと話した後お互いに「じゃあ明日新宮で」と言い合っていた私はその方にはどう見えていたのでしょうね…?少なくとも「なぜ明日新宮??」とは思われたと思います。
 折り返しの宍道行きに乗車し、宍道を目指します。途中、国道のおろちループや出雲坂根のスイッチバックと、見どころが多いのですが、出雲坂根でスイッチバックが終わると、それまで写真を撮ろうと車内をうろついていた乗客が大人しくなりました。
 木次駅で18分停車だったので、一旦降りて写真を撮りました。片道乗車券だったので、切符に下車印を押してもらいました。駅員さんも、午前中に怪しい切符に下車印を求めた学生と今下車印を求めた学生が同じサークル、同じ大学だとは夢にも思ってないだろうなぁ…。

IMG_8381.jpg

 なお、この日はキハ120系200番台(西日本にキハ120は多いが、200番台はここと福井の越美北線にしかいない)のリニューアル車が運用に入っていたようですが、木次駅に着いた時には駅隣接の車庫に収容されていました。
 木次から40分弱で宍道に到着。4分の乗り換えで米子行の列車に乗り換えます。今回の旅行で最後のヨンマル乗車です。夕方ラッシュにかかり始めることもあり、松江で一旦下車。翌日の切符を購入し、改札外で時間を潰そうとし、ふと電光掲示板を見たところ、こんな表示が。

IMG_8412.jpg


 急いで改札を抜けてホームへ。そして来ました。
IMG_8414.jpg


 実はななつ星も四季島も生でしっかり見たことはない(すれ違ったことはある)ので、高級クルーズ列車を見るのは実質これが初めてでした。松江駅では、後続のスーパーまつかぜに道を譲るために10分弱停車していました。ちょうどスーパーまつかぜが来た時に、反対方向の出雲市行にコナンラッピングのキハ126系が使用されており、「コナンラッピング」「スーパーまつかぜ」「twilight瑞風」の3列車が並びました。※停止位置の関係で顔は揃っていません。

 瑞風を見送った後、1つ問題が。次の特急が出るまで35分ほどあるのですが、片道乗車券で再入場してしまったため、改札外に出れません。仕方ないので改札内で時間を潰し、岡山行き特急の最終列車であるやくも30号に乗車しました。381系は初乗車です。なお、最終列車と書きましたが、発車時刻は18時54分。岡山駅での新幹線接続に合わせているためか、上りやくもは始発列車が松江5時08分(出雲市4時43分)と早い代わりに最終列車の時刻も早くなっています。なお、岡山方面に行く特急自体はやくも30号が最終ではなく、そのあとの寝台特急サンライズ出雲が最終列車になります。そのため岡山までノビノビ座席を利用する人もいるとかいないとか(春合宿では出雲市から乗って松江で降りたグループがいました)。
IMG_8439.jpg


 そして宿泊地の米子に到着。後続のサンライズ出雲を撮ったあと、前に2度行った、駅前の「当たり前田カレー」というお店(※2015高山合宿参照)で夕食を、と思ったのですが、なんと改装中で営業していませんでした。たまたま宿の隣にいい感じのラーメン屋を見つけたのでそちらで夕食としました。
 宿入りし、この日の行程は終了です。…なお、広島を出たのが10時05分で松江に着いたのが18時01分。広島を1時間後の普通列車で出ても三次で乗り継げることを考慮しても、広島〜松江で7時間もかかるんならまあ乗客バスに流れますわな。

・おまけ
 前回の次回予告に、「三次」「八次」「木次」というのがあったかと思います。なんのこっちゃ?と思われるかと思います。それでは、それぞれの読み方を見てみましょう。
「三次(みよし)」「八次(やつぎ)」「木次(きすき)」
 お気づきでしょうか?全て「次」の読み方が違うことに。しかも、八次は三次の隣の駅です。そして、三次から備後落合まで移動すると接続しているのが「木次」線です。
 それでは皆さんご一緒に。
 Why Japanese people!?


 …お付き合いいただきありがとうございました。

次回予告
・はくと
・乗継割引
・くろしお

次回は米子→新宮です。

<ギャラリー>

IMG_8358.jpg
木次線から見える国道のアーチ橋。すぐそばにおろちループがある。また、この付近は山の斜面に無理矢理平地を作って線路を敷いたためか、時速15~25kmで徐行運転を行っている。結果としてビューポイントで減速する観光列車のようになっている。


IMG_8383.jpg
木次駅舎。木次鉄道部が併設される。


IMG_8427.jpg
松江にて。左から、キハ126系コナンラッピング列車、キハ187系スーパーまつかぜ、twilight瑞風。


\オマエはまな板の凄さをわかってない!!/
IMG_8433.jpg

posted by TRFC at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2017年09月12日

2017年夏合宿報告(キハ52) 3日目(9/3) 彦根→海田市

 みなさんこんにちは、キハ52です。本日は3日目になります。今回の旅行、ほとんど乗りっぱなしで観光している時間ほとんどなかったんですよね…。

9月3日
彦根<東海道本線>米原<東海道・山陽本線>相生<山陽新幹線>福山<山陽本線>糸崎<山陽・可部線>あき亀山<可部線>大町<アストラムライン>広域公園前<アストラムライン>本通<アストラムライン>新白島<山陽本線>瀬野(みどり口)<スカイレール>みどり中央<スカイレール>みどり口(瀬野)<山陽本線>広島<山陽本線>海田市

 彦根の宿を出て、コンビニで朝食を調達。一旦始発の米原まで移動しようと改札内に入ったところ、これですよ…。

IMG_8089.jpg


 実は彦根7:38の米原方面の列車に乗る予定だったのですが、当該列車は運休になった様子。電光掲示板の一番上にある、6:51発の米原行が遅れて7:33ごろに入ってきたため、結果としては米原に5分ほど早く着きました。なお、入ってきた列車は行先が長浜になっており、そのまま長浜方面へ運転されたようです。

 米原から、新快速播州赤穂行に乗車。後ろに長浜からの列車をつなぐのですが、この列車が遅延したため、米原を8分ほど遅れて発車しました。そのままの遅れで走り続け、途中の南草津を出る頃ひだとすれ違いました。

IMG_8101.jpg


 ちょっとTwitterを覗いたところ、今年就職されたアルプス氏が18きっぷの消化で関西のJR線に乗っていることがわかりました。どこかでニアミスするのかなーと思っていたら…ピンポイントに大阪駅で乗って来ました。
 高槻在住なのになぜかIRいしかわ鉄道ICOCAで定期券を作っていたアルプス氏とは神戸で別れ、私はそのまま西を目指します。姫路駅で切り離しのため停車していると、隣のホームにはまかぜが来るというアナウンスが。時刻表で確認したところ、定刻でもこの列車のすぐ後を走るダイヤになっていたので、遅延により詰まっていたようです。姫路の停車時間を削ったので、遅れは4分まで縮まりました。
 結局、4分遅れで相生に到着。ここから福山まで、山陽新幹線に乗車します。山陽新幹線のこだまは500系しか乗ったことがなかったのですが、今回は700系ひかりレールスターに乗車します。

IMG_8118.jpg
こだまレールスターとか言うな


 この車両、もともとはひかりとして使用することを前提に造られたため、1~3号車(自由席)の座席が2+3列、4~8号車(指定席)の座席が2+2列の配置になっていますが、こだま運用の場合は7,8号車も自由席となるため、7,8号車に乗車すれば自由席料金で新幹線規格車両の2+2列の座席に座れます。私は岡山を出るまで、そのことを完全に忘れており1号車に乗ってしまいました(後で移動しました)。また、8号車には個室もありますが、こだま運用では自由席となることなどからか閉鎖されています。
 
 福山に到着。ここで昼食を調達し、糸崎に向かいました。まだ末期色じゃないのいたんですね…。

IMG_8136.jpg


 糸崎で下車し、次の列車を待ちます。私はてっきり227系の運用だと思っていたのですが、115系が来ました。勿論末期色。

IMG_8169.jpg


 土休日にのみ運転される、山陽本線の糸崎から可部線のあき亀山まで直通運転する列車です。実は、昼間の可部線や呉線は広島駅で2~3分で折り返す列車も多く、広島駅で並ぶのがめんどくさいのでこの列車の時間に合わせて計画を組んでいたのでした。なお、下り列車であるため、瀬野〜八本松では下り片勾配で115系のモーターが唸るところは聞けませんでした。また、割と車両がガタガタ揺れたので、車両にもガタが来ていると思われます。ガタガタ揺れただけに。(??「ちょっと寒くないかにゃ〜?」)

 広島を出発。2つ隣の横川から可部線に入ります。呉線はもともと広島駅に乗り入れていたため、海田市〜向洋に立体交差があり山陽本線の運転を妨げないような構造になっていますが、可部線はもともと横川発着であったためか、山陽本線から可部線に入るには、新白島〜横川で山陽本線の上り本線を平面交差でまたぐ必要があるようです。広島のベッドタウンを結んでいるためか利用客もそこそこ多かったですが、さすがに可部に近づくほど乗客が減っていき、可部駅でほとんどの乗客が下車しました。可部駅はあき亀山開業時にもともと使用していた頭端式ホームを廃止し、隣にあった旧3番線(2003年に廃止された三段峡方面の列車が使用していた)と留置線に新たにホームを設けたので、ホーム自体は新しくなっていました。
 ここから、今年の3月に復活した新線に入ります。駅間距離が0.8kmしかないので、スピードはほとんど出ません。すぐに終点のあき亀山に到着。可部線は非電化区間である可部~三段峡が2003年に廃止されましたが、途中の旧・河戸駅付近まで宅地化が進んでいたことから廃止区間の復活の話が持ち上がり、ついに今年の3月、可部〜あき亀山が開業しました。なお、「安芸亀山」駅自体は廃線になった区間にありましたが、あき亀山駅とは離れているため旧国名の「安芸」をひらがな表記に変更したうえで駅名としています。

IMG_8183.jpg


 さきほど、可部駅の留置線をホームに、と記述しましたが、可部駅の留置線の機能は、あき亀山駅に留置線を設置することで賄っているようです。
 約10分間、駅の周りを散策して、折り返しの広行に乗車。広島行、ではありません。広行です。広島から先、海田市から呉線に入り広まで行くやつですね。ああ紛らわしい…。どちらにしろ広島までは行けるのですが、その先は広と広島で方向が逆なので。
 この日は宿を海田市に取っていたので、この列車にずっと乗っていれば海田市まで行けるのですが、途中の大町で下車。大町から、アストラムラインに乗車します。アストラムラインは広島を走る新交通システムです。よくわからない方はゆりかもめの広島版だと考えて頂ければ充分です。
 ゆりかもめや日暮里・舎人ライナーを使ったことがある方ならお分かりいただけるかと思いますが、新交通システムの駅は大体ホームドア(というか扉?)完備で、東京メトロ南北線のようなフルタイプのものになっています。大町駅のホームに入ると、ホームドアの上に外気が入ってくるスペースはあるのですが、空調装置はなんと扇風機のみでした。9月とはいえ広島ですから、そこそこ暑かったです。

IMG_8203.jpg
乗車口はこんな感じです。


 一旦終点の広域公園前まで乗車し、折り返しの列車に乗って本通へ向かい、アストラムラインを完乗しました。アストラムラインは、新白島から本通までの間は地下を走行します。ゴムタイヤで地下、というと、札幌の地下鉄を思い出しますね。私が乗ったときは、東豊線にはまだホームドアがなかったような…。
 話題が北海道に逸れてしまいましたね。話を戻しましょう。アストラムライン完乗と書きましたが、厳密には完乗ではありません。現在、広域公園前から西広島までの延伸計画が持ち上がっているからです。これは、広域公園前付近から広島の市街地まで、アストラムラインが大きく迂回するような線形になっており時間がかかるため、JR西広島につなぐことで広島市街地への所要時間を短縮する目的があるそうです。

 本通で折り返し、新白島で下車しました。新白島駅のホームはこのようになっています。

IMG_8211.jpg
IMG_8212.jpg
※確認しますが、ここは日本です。


 少し前にTwitterで話題になっていた、ソ連の時に造られ、今もロシアで運転されている地下鉄の駅を思い出しました。
 かつて、ここにはアストラムラインの駅しかありませんでしたが、少し前にJR側にも駅ができました。駅名は同様に新白島です。なお、この新白島と隣の横川には、土休日運転の快速シティライナーは停車しません。また、新白島駅は上下線で改札が違う場所にあります。アストラムラインから山陽本線の上り列車に乗り換えるには一度線路の下をくぐる必要があり、初見ということもあり少し時間がかかりました。乗り継ぎに時間あってよかった…。
 ここから山陽本線の上り列車に乗り、瀬野まで移動します。実は、瀬野から面白い路線が出ているのです。それがこちら。

IMG_8243.jpg


 車両はロープウェイ、線路は懸垂式モノレールといったところでしょうか。瀬野駅の北側に広がる新興住宅地から瀬野駅へのアクセスのため建設された路線です。「え?これ鉄道なの?」と思われるかもしれませんが、そもそもロープウェイは「索道」という鉄道の一種です。まあ定義とか理屈とかを並べるよりもこちらの画像を見た方が早いと思います。スカイレールの車内にはこんなものがあります。
IMG_8227.jpg


 ローレル賞受賞のエンブレム。ローレル賞は鉄道車両に与えられる一種の勲章みたいなものなので鉄道で間違いありませんね。以上、閉廷!(いつ開廷したんだ)

 全線を乗り通すと片道5分ほど。運賃は一定額で大人160円、搬器の定員は25名でした。私が乗った車両の乗客は、行きが私を含め5名(うち1名は途中のみどり中街で下車)、帰りが私1名でした。このスカイレール、上下線とも乗客がいない場合は運休になるそうです。(ただし片方でも乗客がいると、搬器を反対側の駅に輸送する必要があるため乗客がいない側も運転せざるを得ない)
 また、乗車券にも特徴があります。運賃は一律なので、乗車駅で改札を済ませれば下車駅に改札口は必要ありません。また、各駅とも改札口は無人の自動改札になっています。で、その乗車券がこちら。

IMG_8784.jpg

 QRコードを改札機に読み込ませるという方式を採っています。磁気券ではないので裏は白いです。全国でもここだけと思っていたのですが、沖縄のゆいレールなど、他の事業者にも採用例はあるようです。後日スマホのアプリでQRコードを読み取ったところ、「QR code」として認識はされましたがその先は読み込めませんでした。

 このスカイレールの方式は、ロープウェイと違い強風時でも搬器が煽られることなく運転できるなどのメリットがありますが、いろいろあって普及しませんでした。また、乗っていると予想よりも搬器が揺れました。
 終点のみどり中央で下車しました。印象としては閑静な住宅街といったところですね。余所者がキャリーバッグを引きずりながら住宅街を徘徊しても不審なだけなので、すぐに折り返しました。車窓としては高所恐怖症の方にはきついだろうな、という印象でしたが私は楽しかったです。まあ○○と煙は高いところが好きといいm(殴

 終点のみどり口駅は瀬野駅に隣接しているので、乗り換え時間が6分しかなくても余裕です。瀬野から乗ったのは、369M。この英数字だけで行先がわかった方、あなたは末期です(特大ブーメラン)。もともと、岡山16:17発、下関23:50着の、日本で一番長距離を走る普通列車となっていましたが、それも1年間だけで、現在は糸崎始発に変更されています(それでも十分長距離ですが)。
 さあ、この列車で広島駅へ。宿泊地の海田市は、本日3度目のスルー。広島といえばこれですよね。

IMG_8254.jpg


 というわけで、広島風お好み焼きを食べて腹を満たした後、駅で時間を潰してから、快速安芸路ライナー安浦行に乗車。広島と海田市の間にある天神川と向洋を通過する列車です。そして海田市に到着、宿へ行きました。ここで私はあることに気付きます。3泊連続で、部屋に冷蔵庫のないとこ予約してた…。
 実は3晩連続で、「外でジュースを買う→宿入り→冷蔵庫がないことに気付く→風呂上がりにぬるいジュースを飲む」を繰り返していましたとさ。

 まあほかに安宿もなかったので仕方ないですね。広島駅で買ったRe:creatersのコミカライズを読んで寝ました。

次回予告
・海田市4回目のスルー
・「三次」「八次」「木次」
・松江にて

次回は海田市→米子です。

ギャラリー

IMG_8126.jpg
ひかりレールスター8号車。こだま運用では普通車自由席。

IMG_8194.jpg
アストラムライン大町駅ホーム。

posted by TRFC at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

『TRFC2017夏合宿報告(JK) 1日目(9/4)』

こんにちは、はじめましてJKです。
現在、東北大学の1年生です。
ハンネの由来も含め、軽く自己紹介をさせていただきます。
私は東京に生まれ、幼いころからJKを見て育ってきました。
(親の実家の近くにある歩道橋でJYやJKを見ることができました。)
この略称であると何やら怪しい人物だと思われかねないのは重々承知しております。(一部会員の皆様からも少々の指摘はいただいております。)が、京浜東北線が好きなのは変わりないので・・・。『209宮ウラ』なども候補にはあがったのですが、似たようなハンネですとややこしいので。もっと健全なものが見つかればそちらにしてもよいかなと考えております。
まぁ、そんなつまらないことは置いておいて・・・()

先週、夏合宿がありました。その報告をさせていただきます。
出発日の2日前の昼にバスで仙台駅に到着→バイト→翌日バイト
というなんともハードな日程をこなしたのちに、仙台駅の券売機へ・・・。

・・・が、18きっぷを買おうとしたら発売期間が過ぎてました。涙ぽろり
なんという大失態・・・。旅行の計画を変えざるを得ませんでした。
朝9時過ぎに仙台駅周辺の金券ショップをあさるも手に入れられず・・・。
とりあえず当初の目的であった名古屋駅までの切符を購入。
9時41分発の東北本線に乗り込みます。
列車はやや混雑していましたが、長町から座ることができました。
そんなこんなで福島に到着・・・。乗り換え時間がまぁまぁあったので金券ショップへ・・・。

またしてもない!!!電話で確認すればよかったのでしょうが・・・。
福島で列車に乗り込む際に、これは松川に行きますか?と尋ねられました。
正直、知りませんでした。経路だったのでしっかりとアプリで調べられましたが・・・。
再び東北本線で郡山へ。
ネットの情報を頼りに金券ショップを探すも・・・。

まさかの店がない!!!ガビーン・・・。

でも、こんな車両に出会えました。
IMG_0476.JPG
イーストアイさんです。

気を取り直して、黒磯へ向かいます。大変混雑していてずっと立っていました。
こんなのを見られるのもそろそろですね。
合宿_2.jpg

黒磯からは205系で宇都宮へ。何気に初めてでした。
合宿_4.jpg

まもなく宇都宮というところで車内放送が・・・。
『宇都宮線は・・・運転を見合わせています。』
なにーーー!!!このままだと名古屋に着けない!!!
失礼な話ですが、豊橋やら浜松やらは未知の世界だったのでそんなところで一夜を明かすのはもってのほかでした。(だいぶ失礼です。ごめんなさい。)

しかたなく、新幹線の切符を購入。18きっぷの買い忘れがなんと功を奏します。(*´Д`)よかった・・・。
ほどなくして、東京に到着。新橋へ・・・。
JK氏、18きっぷをあきらめておりません・・・。
結局5日分を定価以下で買うことができたのでよかったです。
気を取り直して東海道線に乗り込み、名古屋へ向かいます。15連だったので途中で墜落インバーター車の方へ移り、旅行を楽しみます。といいたいところでしたがそこで新たな問題が・・・。
宿どうしよう・・・。この経路だと名古屋に着くのは23時半。さすがにビジネスホテルも無理でしょう。
カプセルホテルか、ネカフェか・・・。ネットを調べてみるといくつか名古屋にはよさげなネットカフェがありましたのでそちらへ行くことに。大手のお店でしたが。

掛川あたりで乗り換えたのでしょうか。
合宿_10.jpg
合宿_12.jpg
ほぼ無人の東海道線に乗るのは夜で辺りは暗くなってきまして、正直かなり怖かったです。が、そんなことも言っていられず名古屋に到着。

愛知出身の同期から【山本屋】という味噌煮込みうどん屋さんがおススメと聞いていたのでそちらへ。矢場町のお店が夜遅くまでやっているとのことだったので地下鉄に乗り込みます。ブザーでしょうかベルでしょうか、1人旅の恐怖心を煽ります・・・。矢場町駅から繁華街をそそくさと歩きお店に到着。お客さんもそれほどおらず、落ち着いて(食事できるレベル)食事をとることができました。時刻はすでに0時を回っています。ある程度道を知っている仙台であれば何の問題もないのですが、初めての土地、夜、人影も少ない、非常に不安でした。次回の旅行の際にはある程度陽が出ているうちに宿にチェックインをすませておきたいですね。そして、とあるビルにあるネットカフェに到着。6時間パックにしました。ベッドルームでしたが寝れるはずなく朝を迎えます。完全に主観ですがネットカフェの人たち(住民?)は柄が悪いです。泊まらなくてすむなら泊まるのは決しておススメできません。自分が気にしいなのかもしれませんが・・・。

1日目はなんだか暗い感じで終了しました。ごめんなさい平謝り
最後までご覧いただきありがとうございました。

また続きはのちほど・・・。
では手(パー)
posted by TRFC at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2017年09月11日

2017夏合宿報告(キハ52) 2日目(9/2) 清水→彦根

 みなさんこんばんは、連投になりますがキハ52です。考えつかなかったので前置きはカットしまーす。

2日目
清水<ホームライナー沼津2号>富士<身延線>甲府<中央本線>岡谷<中央本線>辰野<中央本線>塩尻<篠ノ井線>松本<篠ノ井・中央本線>中津川<中央本線>勝川<東海交通事業城北線>枇杷島<東海道本線>尾張一宮(名鉄一宮)<名鉄名古屋本線>笠松<名鉄竹鼻線・羽島線>新羽島(岐阜羽島)<東海道新幹線>米原<東海道本線>彦根

 新清水駅から清水駅までは徒歩10分ほど。JRと静岡鉄道が一番近い草薙でも、両者は徒歩3分の距離にあり、JRと静岡鉄道の乗り換えは結構面倒です。北仙台の地下鉄とJRの乗り換えに文句を言ってた私がバカだと思えるくらいに離れてます。はい。

 清水から富士まで、一駅(といっても所要時間17分)だけですがホームライナーに乗車しました。明るい時間帯のホームライナーは違和感がありますねぇ…。

IMG_7921.jpg


 なお、このホームライナー、沼津到着後そのまま熱海行になります。ご参考までに。
 富士から、身延線で甲府に向かいます。私が乗った列車には、セミクロスシートの313系が充当されていました。

IMG_7927.jpg


 なお、身延線も飯田線も、電化ローカル線で全区間単線だと考えてしまいがちですが、飯田線は豊橋〜豊川で、身延線は富士〜西富士宮で都市部の輸送需要があるため、複線区間が存在します。
 7時45分、富士を発車。揺られること約2時間半、臨時特急のちばかいじと並走しながら、甲府に10時21分に到着しました。そして7分後の10時28分、私が乗った普通列車の後を追いかけてきた特急ふじかわ1号が到着。このふじかわ、富士を出たのは8時44分。50分以上も詰めてくるのは、特急の意地か。
 身延線は線形が悪いため、あまりスピードが出ないとよく言われますが、JR西の必殺徐行区間に慣れているためかそんなに遅い印象も受けませんでした。

 私事ですが、甲府到着時点で、私の山梨県の完乗率が100%になりました。はい、報告、終わり!

 さて、ここから諏訪地方へ向かうわけですが、日付でお気づきの方もいらっしゃるでしょう。この日、新作花火競技大会当日です。せっかくだから増結して6両にしてくれねぇかな〜と思ってましたが、ダメでした。というわけで、3両の混雑した列車に乗車し、上諏訪方面へ。途中、対向のあずさが遅れたため、岡谷での乗り継ぎがギリギリでした。また、通常長野県内では普通列車のドアは半自動式ですが、この日は小淵沢より先はドアを自動扱いにしていました。夕方には半自動扱いができない南武線のE233系が応援に入るためでしょうか?
 岡谷から飯田線直通の天竜峡行に乗り、辰野で塩尻行に乗り換えます。もうお分かりですね?中央線の旧線です。

IMG_7956.jpg
 701とクリソツですがE127系です。


 かつて、この区間には荷物電車から改造した123系(ミニエコー)が走っていましたが、現在はE127系などで運転されています。車両が変わって両数が増えたパターンですね。さすがに旧線ということもあって、軌道の状態が本線ほど良くはなかったです。

 塩尻に到着し、昼食にしました。昼食をとったのがこちら。
IMG_7968.jpg


 知っている人は知っている、日本で一番狭いと言われる立ち食いそば屋(定員2名)です。先客の方が食べ終わりそうだったので、入ってみました。
 
 昼食後、篠ノ井線で一旦松本へ。松本まで行ったのは、塩尻からだと座れない確率が高かったからです。

 松本から中津川行に乗車。313系1300番台なので、転換クロスシートで快適でした。なお、JR東海の転クロ車は窓側にもひじ掛けがあるのを失念し、筆者は肘を強打した模様
IMG_7998.jpg


 木曽路を延々と走り、岐阜県に入ったところで中津川。階段渡るうえに乗り換え4分は本当にやめて頂きたい…(じゃあ30分後の次の乗れ、という話なんですがね)。乗車したのは快速名古屋行ですが、途中の勝川で下車し、城北線に乗り換えます。なお、城北線とJRの駅は500mほど離れており、乗り換えに必要な時間は約10分。清水と新清水、新静岡と静岡は駅名が違うのでまあいいですが、勝川は駅名がまったく一緒なので余計紛らわしい…(それでもJRと北鉄の野々市よりはマシですが)
 もともとこの路線は、稲沢の貨物ターミナルから、名古屋駅を経由せずに中央本線に入る貨物の短絡線や、愛知環状鉄道の瀬戸市駅から伸びる瀬戸線の一部などとして建設されましたが、計画の変更や頓挫、凍結を受け現在に至ります。勝川駅は高架の無人駅となっていますが、JR線とは線路がつながっていません。また、JRと接続しようとした場合、一度勝川駅の高架を壊して作りなおす必要があるそうです。(※高架線の高さが同レベルで、現状では立体交差が作れないため。また、中央本線の本数が多いため、平面交差は望ましくない)

 さて、ではこの城北線、現在はどんな路線かといいますと、まず、両端の駅を除き複線です。あと、ほとんどの区間が高架線です。で、使用車両がこちら。

IMG_8037.jpg


 これでボックス席が相席にならない、といえばどれほど乗客がいないかお分かりいただけるでしょうか。というか翌週に乗った地元の長井線の方が乗客多かったような…?
 一応通過自治体を列挙すると、春日井市(勝川駅)、名古屋市西区、清須市(枇杷島駅)になっています。しかし路線が短いこと、枇杷島以外の駅の乗り継ぎが絶望的に不便であること、運賃が高いことから乗客が少ない状態が続いており、電化もされず、武豊線の電化により愛知県内では唯一の非電化路線となってしまいました。
 そんな路線で枇杷島へ。そのあと岐阜方面に向かったので、まさかの名古屋スルー。枇杷島駅の城北線ホームは、稲沢線という貨物線の本線上にあるため、貨物の運転状況に応じて3番線に入るか4番線に入るか決まるそうです。私が降りた時は3番線着で、4番線を貨物が2本、高速で通過していきました。
 枇杷島から各駅停車で尾張一宮へ移動し、ここから名鉄に乗り換えて笠松へ。名鉄も120km/h出すんですね…。

IMG_8051.jpg


 笠松で乗り換え、新羽島へ。そして皆さんおなじみ岐阜羽島駅へ。岐阜羽島まで行ったのは、昨日読んでいた推理小説のタイトルが「岐阜羽島駅25時」だったからです。…なんじゃそりゃ。

 岐阜羽島から米原までは東海道新幹線に乗車し、米原から彦根までは新快速を待っている人たちを横目に、各駅停車で移動しました。彦根で下車し、宿入り。某アプリでラブライブ!の一挙放送をやっていましたが、最後まで観ると翌日に響くので少し観て寝ました。

 2日目はこれで終了です。

次回予告
・甦った鉄路
・※ここは日本です
・懸垂式モノレール+ロープウェイ

次回は彦根→海田市です。

・ギャラリー

IMG_7988.jpg
211系長野車。

IMG_8019.jpg
中央本線勝川駅ホーム。城北線乗り入れ用のスペースが取られている。

IMG_8026.jpg
城北線勝川駅。この階段を上がった後、城北線の検修施設脇を通り、やっと勝川駅のホーム(無人)に到達する。

IMG_8043.jpg
枇杷島駅。城北線ホームは稲沢線(貨物線)本線上に設置されている。また、城北線唯一の有人駅。






posted by TRFC at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2017夏合宿報告(キハ52) 1日目(9/1) 国見→新清水

 みなさんこんにちは、キハ52です。え?なんで私が合宿参加報告を書いているのかって?参加したからですよ勿論。春合宿報告の最後におそらく次の夏合宿は参加できないと言ったな?あれは嘘だ
 実は、夏合宿の日程を決めた際、8月末はたまたま下級生の方々の都合も合わず、今年度は9月に入ってから行うことになりました。したがって、8月末に院試を受けた4年生の会員も数名参加しておりますので、「この人4年生なのに合宿来てて大丈夫なんか??」という心配は不要です。
 さて本題に入りましょう。なお、私はスマホでゲームは基本的にやらないので、某氏が貼りつけてたGPSデータの画像はありません。行程を見たり、地名を聞いたりしてもピンと来ない場合は、お手数ですがお手元の地図か路線図でご確認ください。

9月1日
国見<仙山線>仙台<東北本線>黒磯<東北本線>宇都宮<上野東京ライン>伊東<伊東線>熱海<東海道本線>沼津<東海道本線ホームライナー浜松5号>静岡<徒歩>新静岡<静岡鉄道>新清水

 31日に院試が無事終了し、準備をして翌日早朝。乗車する快速列車は最寄りの東北福祉大前を通過するので、隣の国見駅まで歩きました。もっとも、所要時間自体は数分しか違わないのであまり苦ではありませんでした。

IMG_7815.jpg


 国見駅から快速仙台行に乗車。山形発の上り始発列車で、山形〜仙台を65分で結ぶ最速列車です。平日だったため、少々混んでいました。仙台で下車し、東北本線の「郡山」行に乗り換えます。この列車は6両編成ですが、実際は前の2両から、「郡山行」、「黒磯行」、「福島行」になっています。後ろ2両は仙台発車時から行先が福島と表示されますが、真ん中2両は郡山到着後に行先表示が「黒磯」になります。
 で、このロングラン運用、車両が何か気になりますよね?701です(キッパリ)。ただし、この日は前2両にE721系が代走で入っていました。私は真ん中2両がそのまま黒磯まで行くのを知っていたので4両目に乗りました。乗車してみてわかったのですが、このスジは仙台〜白石で通学、通勤の時間帯にかかるため、乗車率がかなり高いこと。これは701の運用でも納得ですね(てかダイヤで気付けよ俺…)
 ちなみに福島到着後、切り離された後ろ2両はどうなるかというと、「ワンマン藤田行」として折り返します。つまり同じホームに郡山行と藤田行が並ぶ、いわゆる縦列停車ですね。
 うだうだ書いたのでまとめますと、このスジは、「仙台〜白石の通学需要」「福島〜藤田・白石の区間運転で使う車両の送り込み」「郡山〜黒磯で使う車両の送り込み」「仙台〜福島〜郡山の移動需要」を満たすものすごく効率の良い運用だということがわかりました。まる。アレ?作文??

IMG_7825.jpg


 で、仙台から黒磯まで、停車時間を含め約4時間あったわけですが、私が何をしていたかというと、西村京太郎の推理小説読んでました。文庫本1冊なのですが、まさか黒磯に着く前に1冊まるまる読み終わるとは思いませんでした…。
 なお、黒磯駅構内の完全直流化に伴い、来月から交流電車は黒磯駅に乗り入れられなくなるので、おそらく郡山から黒磯行の電車に乗るのはこれが最後になると思います。

 さて、ここから直流区間になります。元埼京線のY11編成がやってきました。

IMG_7839.jpg


 宇都宮に到着すると、留置線にE531系がいました。黒磯駅直流化後は新白河まで乗り入れるので、その準備のようです。
 デジカメの残り枚数を見ると、334枚(なんでやry)になっていたので、駅前のヨドバシカメラに行ったのですが、データ復元保証付きの高いものしかなく、買うのは諦めました。
 宇都宮から伊東行の上野東京ラインに乗車。春合宿と同じことしてますね…。途中、根府川で5分停車だったので、ちょっと降りて写真をば。この駅、某スクールアイドルアニメで登場して聖地となりましたが、それと同時に、関東大震災では地滑りにより駅、車両ごと海に滑り落ちて沈んだという、悲劇の舞台でもあります。その後の調査では海中からは遺体は発見されませんでしたが、当時沈んだ車両の車輪が今も海中に眠っているそうです。

IMG_7852.jpg


 宇都宮から4時間強、伊東に到着。伊東駅で所用を済ませ、熱海に戻ります。JRなのに元東急の私鉄車両に乗るということにものすごく違和感が…。さらに、この車両、海側は4ドア車のドア間に無理矢理4人掛けのボックスシートを2区画作っているので、窓配置と全然合ってませんでした。


IMG_7884.jpg


 で、熱海で乗り換えるわけですが、乗った列車は熱海18:37着。沼津方面の熱海発車は18:36。何この嫌がらせ…。(聞いた話だと、JR東海が使える熱海駅のホームが1本しかないので、丹那トンネル内ですれ違わせる必要があるとかないとか…)。さらに、18:36の沼津方面の列車は東京方面からの接続が無いので、来宮を出た頃にすれ違った当該列車はスカスカでしたが、私が乗った後続の列車は、東京方面からの列車を2本接続するため混んでました。夕方の時間帯なので6連だったのが救いでしょうか。あとロングシートで助かった…。
 そのまま静岡まで行けますが、沼津で下車。20分後に出る、ホームライナー浜松5号に乗車しました。実は、これに乗ると途中の由比で、沼津まで乗っていた各駅停車を抜くので、静岡に早く着けます。
 静岡到着後、新静岡駅のセルバで夕食をとり、静岡鉄道に乗車しました。

IMG_7910.jpg


 新清水に到着し、静岡鉄道を完乗。宿が新清水の駅前だったのですが、スマホの地図がずれていて少し迷ってしまいました。

 1日目はこれで終了です。少し蘊蓄が多すぎましたかね…。

次回予告
・山梨完乗
・※ここは愛知のど真ん中です
・岐阜羽島ふたたび

次回は「清水→彦根」です。
posted by TRFC at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2017年09月08日

TRFC2017夏合宿4日目(9月7日) (115八トタ)

みなさんこんにちは。5回目の投稿になります、115八トタです。
今回は鉄道研究会の恒例行事である夏合宿の4日目(9月7日)の行程を書いていきます(今回は東京で遊びつつ仙台に帰ります)。

まず塩山から特急かいじ106号に乗って新宿へ向かいました。

図3.png

図5.png

その後中央・総武緩行線に乗って東中野を目指します。

図6.png

都営地下鉄大江戸線で落合南長崎で下車。そして歩いて向かった先は、ホビーセンターカトー東京店です。

図7.png

図8.png
↑店先では京急デハ268がお出迎え

ここは関水金属の直営店でKATOの鉄道模型車両はもちろん、ストラクチャー、Assyパーツ(関水金属では模型の部品ごとでの販売も行っている)も多数販売されており、そこに行けばKATOのものだったらかなり揃うのではというくらいの品揃えでした。
ただ、おめあてのものがなかったため何も買わずに出ました。

落合南長崎からまた大江戸線を使い、中野坂上で下車。東京メトロ丸の内線に乗り換えて新宿へ。その後中央快速線に乗り換え、御茶ノ水で下車しました。

図9.png

図10.png

次に向かった先はこちら。

図11.png

ポポンデッタ秋葉原店です。言わずもしれた鉄道模型店で、全国に展開中です(なお仙台では移転して10月にオープンする予定だそうです)。店舗は地上5階地下1階(うち地上5階は事務室)となっており、各階ごとで分類されています(例えばこの階には中古品のコーナーなど)。2階にはレイアウトがあり、車両を走らせることができます。
ここではKATOの115系800番台基本編成と、同じく増結編成2セット(いずれも中古品)を買いました。

その後秋葉原駅まで歩き、山手線で上野に行きました。

図12.png

上野につき、アメ横を横目に見ながら(出口を間違えたことは言えない)上野恩賜公園を見てきました。

図13.png

上野恩賜公園といえば有名なのが上野動物園とこの西郷隆盛の銅像です。

図14.png

この像は西郷隆盛の死後に作られたものですが、彼は写真に撮られるのがあまり好きではなく、1枚も残っていなかったため、彼の兄弟をモデルにしたという話もあります(一緒にいる犬も彼が飼っていたものとは違うそうな)。

寛永寺です。寺と書いてありますが手水場や絵馬がある様子を見ると神社だと思いそうになります。

図19.png

花園稲荷神社です。看板にも書いてある通り、縁結びの神を祀っているそうな。

図15.png

上野大仏です。昔は約6mの釈迦如来坐像であったそうですが、関東大震災や大東亜戦争によって現在は顔の部分しか残っていません(それはそれでインパクトがある)。受験生には「これ以上落ちない」ということで人気だそうです。あと顔には触ることができ、触るとご利益があるそうです。

図16.png

おばけ燈籠です。上野東照宮へ奉納されたものの1つで、高さ約6mというとてつもない大きさからこの名がついたそうです。

図17.png

上野東照宮です。東照宮という通りここには徳川家康公が祀られています。国の重要文化財にも指定されています。

図18.png

とこんな感じで回ってきました。

上野駅に戻り、東北本線で大宮に行きました。

図20.png

大宮ではトミックスワールドに行ってきました。

図21.png

トミックスワールドはトミーテックが出している鉄道模型ブランドTOMIXを専門的に扱うお店です。ホビーセンターカトーに比べると規模が小さい気がします。TOMIXの他にもジオコレやメダリーフの販売があります。
ここでは鉄道コレクション第24弾とパンタグラフのパーツ(自分の持っている鉄道模型で破損していたもの)を買いました。

大宮駅に戻った時、ふとこんな店を見つけました。

図22.png

RAILYARDというお店で、ここではJNRのロゴが印刷されたペンやマグカップ、出札補充券のようなメモ帳(もちろん出札補充券としては使用できない)、コンテナの柄になっている収納ケースなど普通に使える雑貨を売っています。なかなかマニアックなものも多いので、1回足を運んでみてはいかがでしょうか。

という感じでした。大宮からはやまびこ149号仙台行で終点まで乗り、仙台に帰ってきました。

図23.png

図24.png

夕食はこちらです。

図1.png

図2.png

ということで自分の2017年夏合宿は終了となりました。

本日買ったものの一覧です。

図4.png
↑左上から順にKATOの115系800番台基本編成と同じく増結編成2セット、パンタグラフ、カプラー、鉄コレ、PCケース、地図式車内券風メモ帳(甲府車掌区タイプ)

最後に行程をまとめておきます。

塩山 9:44 - 11:04 新宿 11:10 - 11:14 東中野 11:26 - 11:29 落合南長崎 ホビーセンターカトー 落合南長崎 12:47 - 12:53 中野坂上 12:58 - 13:02 新宿 13:10 - 13:19 御茶ノ水 ポポンデッタ秋葉原店 秋葉原 14:23 - 14:26 上野 上野恩賜公園 上野 15:15 - 15:41 大宮 トミックスワールド・RAILYARD 大宮 17:26 - 19:04 仙台

図26.png
(出典:駅メモ!)

最後までお読みいただきありがとうございました。

<追記>
前回書いた通り、合宿における駅メモ!関連の成果を書いておきます。駅メモ!関連のワードが多く出てくるのと、かなりの自慢話になるので読みたくない人はここで他の方々の合宿報告の方へ移動してもらえたらと思います(追記なのに文章が本文と同じくらいの分量になります)。

ということで合宿終了時の様子がこんな感じになりました。

図27.png
(出典:駅メモ!)

ポイント数が400万まであと少しですね。次に1日ごとの成果を見ていきます。

1日目
図29.png
(うち、称号によるポイント数:451,130) (出典:駅メモ!)

2日目
図22.png
(うち、称号によるポイント数:1,013,200) (出典:駅メモ!)

3日目
図14.png
(うち、称号によるポイント数:68,700) (出典:駅メモ!)

4日目
図28.png
(うち、称号によるポイント数:303,600) (出典:駅メモ!)

こんな感じです。普段の通勤・通学でもこんなにポイントが取れるのかと言われるとそんなことはありません。これは初めてアクセスする駅ばかりだったからこそなし得たことなのです。と言うのも新駅ボーナスというものがあるからです。これは初めてアクセスする時につくボーナスのようなもので、1,500ポイント手に入ります。つまりこの積み重ねがこのような馬鹿でかいポイント数になるわけです。

図15.png
↑初めてアクセスする駅についてはこのように右上に赤地のマークがつく(そのため通称赤新駅と呼ばれている) (出典:駅メモ!)

図16.png
↑初めてではないが、月間では初めてアクセスした時には黄地のマークがつく(通称黄新駅)500ポイントのボーナスがつく (出典:駅メモ!)

さて、1日ごとに詳しく見ていきます。1日目はアクセス駅数が多く、そのぶんポイントを稼いでいます。それと比較すると3日目は少なめです。4日目は赤新駅・黄新駅にほとんどアクセスしていないためさらに低めになっています。基本としてはポイントとアクセス駅数の関係は比例するので、まあこんなものだとは思います。問題は2日目です。1日目と比べてアクセス駅数が半分以下なのに対し、ポイントはほぼ同じ(というか少し多い)です。このことがどうして起こるかというと、称号によるポイントの増加です。
称号とは、前回も書いた通りある条件を満たすと獲得できるものです(上の図のピンクの文字で書かれているものがそうです)。称号を獲得した時にボーナスとしてポイントも獲得できます。実は2日目に次の称号を獲得していたのです。

図29.png
(出典:駅メモ!)

この称号によるボーナスポイントがなんと100万という非常に大きいものです。この結果一気に跳ね上がったのです(コツコツとした積み重ねが生きてきました)。
では、称号獲得分を差し引いて見てみると以下のようになります。
1日目:767,136pt
2日目:248,648pt
3日目:592,779pt
4日目:166,815pt
4日目が少ないのは前述したとおり赤新駅・黄新駅にほとんどアクセスしていないためですが、2日目は赤新駅にたくさんアクセスしたにもかかわらず約25万となり今度は極端に少ない気がします。こうなったのには、その駅にアクセスしたことのある人の数が大きく関係しています。
アクセスしたことのある人の数とポイントの関係ですが、これはリンクしている間にもらえるポイントが変わってきます。リンクとは、一言で言えばその駅の主になることであり、その駅の主になっている時間に応じてポイントがもらえるようになっています(詳しくは公式ホームページのヘルプを参照)。ついでを言うとこのポイントがキャラクター(このゲーム内では「でんこ」って言います)の手に入れる経験値にもなります。リンク時間に比例してポイントも多くなりますが、その時にアクセスしたことのある人の数に応じて比例定数が決められています。そのため、いくら長い時間リンクしていてもそこにアクセスしたことのある人が少ないとポイントが多くもらえないし、リンクしていた時間が短くてもアクセスしたことのある人が多いと多くのポイントがもらえるのです。そういうわけでこのような差が出てきてしまうのです。
その点で考えてみると、確かに1日目は名古屋、京都、大阪、神戸、姫路、岡山と人の集まる中心都市を通っていたため多くのポイントが貯まったのに対し、2日目は和歌山方面に向かっていったため、そんなにアクセス人数の多くない駅が多く、このような結果になったのではないでしょうか。
このようにポイント関連で見ていくだけで駅メモ!はちょっとした考察ができるのです(他にも育てておくと便利なでんことか言い出すときりがなくなるので今回は省略)。

以上、かなり長い追記でした。
posted by TRFC at 11:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 旅行記

2017年09月07日

TRFC2017夏合宿3日目(9月6日)

みなさんこんにちは。4回目の投稿になります、115八トタです。
今回は鉄道研究会の恒例行事である夏合宿の3日目(9月6日)の行程を書いていきます(といってもただ鉄道を使って実家に帰っただけですけど)。

昨日(9月5日)、18:30に新宮に集合し、旅館で1泊しました。そこで各々がどのようにして新宮まで来たかについての発表をし、かなり盛り上がっていました(終わったのが6日の2:00を回っていたほどです)。

本日は新宮駅から北東に針路を向けました。6:03発の始発多気行に乗車し、終点の多気を目指します。乗った車両はこちら↓

図1.png

合宿行程内では初となる気動車です。昨日も3時間乗り通したことがありますが、今回も3時間ずっと乗り通しでした。しかも朝早いので余計に辛い(外の写真を撮る気力も湧かない)。

そんな感じで多気に到着。ここからは快速みえ6号名古屋行で名古屋を目指します。

図2.png

快速みえは津〜河原田間において伊勢鉄道線に乗り入れるため、その間だけ18切符が使えず、別途乗車券を買う必要があります。

図3.png
(車内で買いました)

名古屋に到着し、新快速豊橋行に乗り換え。

図4.png

豊橋から先は鈍行でゆっくりゆっくり富士まで来ました。

図5.png

図8.png

図9.png

昼食は豊橋で買いました。

図6.png

図7.png

富士に到着。ここから身延線に乗るのですが、乗り換え時間が1時間くらいあるのでどこかまやっていこうかなといったときに富士山本宮浅間大社、富士宮駅から徒歩15分と言う看板を見つけ、行ってみようと思いました。
と言うことで西富士宮行に乗車。

図13.png

富士宮に到着。行ってみようと思ったときに、勘違いをしていまして、富士宮駅での待ち時間が20分しかないと思ってしまったため(実際は40分ぐらいありました)、富士山本宮浅間大社に行くことを断念しました(本当に行ってよかったのにね)。
と言うことで富士宮駅で謎の待ちぼうけをくらい、身延線の甲府行に乗車しました。

図10.png

身延線でしばらく揺られていると、だんだんと見覚えのあるところも見え始め、帰ってきたんだなぁ、と言うことを改めて実感しました。

最後に中央本線塩山行に乗って(最後の最後で写真を撮り忘れる)、本日の全行程が終了しました。

ただただ乗っていただけですがかなり疲れたなという印象です。

最後に行程をまとめておきます。

新宮 6:03 - 9:07 多気 9:36 - 11:03 名古屋 11:17 - 12:08 豊橋 12:24 - 12:58 浜松 13:10 - 14:22 静岡 14:33 - 15:07 富士 15:39 - 15:57 富士宮 16:35 - 19:16 甲府 19:21 - 19:37 東山梨

図11.png
(出典:駅メモ!)

最後までお読みいただきありがとうございました。

<追記>
1日目にも取り上げました駅メモ!に関することでちょっと書いておこうかなと思ってここに記します。かなりの自慢話になるので読みたくない人はここで他の方々の合宿報告の方へ移動してもらえたらと思います。

自分が駅メモをし始めたのが2015年の4月です。そこからおよそ2年半、コツコツとやってきました(とか言いつつもログインしていない日が数日ありますが)。最近はなかなかポイントが上がらないという状態でした(ポイントが高いからなんだって話でもありますが)。しかし今回の合宿で今まで1度もアクセスしたことのない駅をたくさんアクセスしてきた(700駅くらい?)ので、大量のポイントを獲得し、さらに称号(ある条件を満たすともらえるもの 条件の例:〇〇駅にX回アクセスするetc…)でポイントが加算されたため、気づいたらこんなことになっていました。

図12.png
(2017年9月6日現在 出典:駅メモ!)
↑合宿前のを撮り忘れたため差分がわかりません

ポイントが340万を超え、ランキングが5,000位台になっていました。ランキング5,000位台は初めてなので本当にびっくりしています(次回にまとめられたら合宿全体での駅メモ!関連の成果とどうしてここまで行ったかを詳しくまとめてみます)。

以上、ちょっとした自慢話でした。
posted by TRFC at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2017年09月05日

TRFC2017夏合宿2日目(9月5日)

みなさんこんにちは。3回目の投稿になります、115八トタです。

本題に入る前に、みなさんにお詫びしたいことがあります。前回の投稿に関してですが、あまりにもネタを詰め込みすぎてしまいまして結果、大変お見苦しい文章を公衆に晒すという非常に恥ずべき行為をしてしました(深夜テンションって本当に怖い)。深く反省しております。今回からは真面目に書こうかなと思っています(と言っても2日目の初っ端からやらかしているけどね)。

今回は鉄道研究会の恒例行事である夏合宿の2日目(9月5日)の行程を書いていきます。

スタートは姫路駅からです…とその前に、実は寝坊をしてしまいまして乗る予定だった電車に乗り遅れるという事態になってしまいました。幸先の悪いスタートになってしまい、どうしようかとかなり焦っていました。というのも、紀勢本線の鈍行の本数が少なく、このままでは集合時刻である18:30までに新宮に到着することができないからです。ではどうしたか。あまりやりたくなかったことではありますが、特急を使いました(こうしないと本当に間に合わない)。
ということで姫路から新快速敦賀行に乗車(写真を撮る暇がありませんでした)。今回も青春18切符を使っています。
どうでもいいことですが、尼崎駅周辺で草が燃えたらしく、5〜6分ほど遅れました。

大阪駅で下車し、大阪環状線で天王寺に向かいます。

図2.png

天王寺に着きました。ここで特急くろしお7号白浜行に乗り、紀伊田辺で降りました。

図4.png

図3.png

途中、ふと車内の電光掲示板(っていうのですかね)を見てみると、和歌浦が和歌で詠まれたことや、みかん畑と紀伊國屋文左衛門の関係性など、今列車が走っている周辺のことについての説明文が流れていました。自分としては非常に面白い内容だったと思います。

図1.png
↑和歌浦

紀伊田辺についたところで昼食です。

図8.png

図9.png

紀伊田辺からは普通新宮行に乗って一気に新宮を目指します。

図5.png

図7.png
↑車内には今時珍しい扇風機が稼働していた

紀伊田辺〜新宮は3時間もかかるロングランとなり、かなり辛いものでした(ロングシートがその辛さに拍車をかける)。紀勢本線は海のそばを走っている区間も多いため下の写真のような海の光景が見られます(曇ってしまったのでパッとしませんが)。

図10.png

図11.png

とそんなこんなで今回の合宿の目的地、新宮に16:12に到着。

図12.png

図13.png

集合時刻まであと2時間あるので周辺を散策してみました。

まずは何と言っても熊野速玉神社。由緒ただしき神社で、世界遺産にもなっています。また武蔵坊弁慶に関する伝承があります。

図14.png

図21.png

次は浮島の森です。正式名称は新宮藺沢浮島植物群落(しんぐういのそうきしましょくぶつぐんらく)で、ここにはおいの伝説があるそうです。

図15.png

図16.png

新宮城跡です。荷物が重かったので上に行けなかったです。

図17.png

夕食です。

図18.png

図19.png

こんな感じの2日目になりました。1日目に比べると特にこれといった面白みもなく、といった感じでした。

最後に行程をまとめておきます。

姫路 8:09 - 9:13 大阪 9:27 - 9:47 天王寺 10:33 - 12:28 紀伊田辺 13:11 - 16:12 新宮 新宮観光 18:30新宮駅集合

図20.png
(出典:駅メモ!)

最後までお読みいただきありがとうございました。
posted by TRFC at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2017年夏合宿報告(マリン) 1日目(9/4)

お久しぶりです、マリンです。地元から仙台に戻ったらすでに秋の空気で、今年の仙台の夏はいずこへ…?と思っていたら、旅先で残暑にやられております。今回の合宿記1日目は、旅行途中の特急南紀号の中からお送りします。

合宿地は新宮、ということでルートはどうしようかと色々悩んでいたのですが、前後の予定が詰まっていたため、日数的に少なめということで、あまり寄り道せずに旅行を進めて参ります。まず一日目の昨日は、仙台駅を……
バスを乗って出発し、さらに乗り換えて……
フェリーに乗船します。鉄研の会員がこんなんでいいのかどうか分かりませんが、他の会員がこれでもかというほど鉄道に乗っているので、会長は安心して海路を往きます。

図1.jpg

仙台駅から仙台港フェリーターミナルまでは、東北本線や地下鉄東西線の駅からの乗り換えもできるのですが、時間や料金の都合から今回は仙台駅前から宮城交通のバスに乗ることとします。このバス、実は仙台駅前ではなく、仙台市の北部、泉区にある地下鉄南北線泉中央駅を始発としています。点在する住宅地から仙台駅前への輸送と仙台駅前からフェリーターミナルへの輸送を兼ねているということでしょうか?ともかく、乗り通すとなかなかの長距離路線。今度乗るときは泉中央駅から乗ってみてもいいかもとか思いつつ。

図2.jpg

寝不足気味でバスの中では荷物に挟まれて爆睡して、気が付くと仙台港フェリーターミナル到着です。仙台に住みつつもなかなかこの辺りはくる機会がないので、非常に新鮮な雰囲気です。乗船前の手続きを済ませて、出航時刻まで旅程の確認などをしておきます。

図3.jpg

そして乗船時刻となっていよいよ船内へ、今回は初めての船舶となる「きそ」に乗船です。以前の「いしかり」に続いてこれで2回目の太平洋フェリー。ちょっとリッチに個室の1等室を予約していました。乗船して荷物を整理していると出航の合図が、22時間の船旅の始まりです。

図4.jpg

図5.jpg

図6.jpg

図7.jpg

落ちついてから甲板に上がると、松島から、やや遠く石巻は牡鹿半島を望みます。船体後方に延びる白波とも相まっていい景色です。そのあとも色々船内を見ていましたが、そろそろ夕食の時間になったのでレストラン「タヒチ」へ。と、その前に本州に沈む夕日を一枚。

図8.jpg

図9.jpg

ディナーバイキングは名物のミニステーキはもちろん、その他にも様々なメニューがあり、オープンから入れば2時間食べ放題です。どれもおいしい!デザートのレアチーズケーキが気に入りました(撮り忘れました)。

図10.jpg

食後は船内の売店で北海道名物ガラナの瓶入りを見つけたのですかさず購入。これで北海道も行った気になります()。

さて、風呂も入って今日はこのあたりで就寝。ベッドで寝れるなんて、なんて贅沢なんだろう…。ぐっすり寝られました。特急南紀はまもなく合宿地へ到着します。今日の模様はまた明日お伝えすることとして、ここで失礼します。他の会員のルート発表が楽しみです。
最後までお読みいただきありがとうございました。続きを読む
posted by TRFC at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記