2018年09月30日

京浜東北線最終上野行きの妙。

 お久しぶりです。JKです。
まもなく10月より本学では後期の授業が始まります。8月は授業が終わったと思ったらお盆明けまで他団体の公演の準備に集中講義と大学に通いっぱなしでした。9月はさまざまなハプニングに遭いましたが、初めて北陸に行くことができました。とても素敵な場所でした。(後々記事にできれば・・・。)やはり大学生最大のメリットは平日が休みになることですね。(笑)思えば去年は18きっぷで初めて遠くへ出かけましたね。(過去記事参照)次の休みには関西にまた行きたいですし、中国・四国方面も行ったことがないのでぜひ行きたいです。
 この記事の原案を最初に書いたのは7月でした。9月半ばに四国に向かう予定がありましたが豪雨の影響によりサンライズ号が運休し結局取りやめに・・・。(;´д`)トホホ。

 当会では大学祭へ向けて準備が着々と進められています。東北大学の大学祭へお越しになった際にはぜひ当会の展示もご覧になっていただければと思います。

 さて、本題に移らせていただきます。京浜東北線の蒲田以北発北行最終列車の行先は上野です。なぜ上野行きなのかは気になるところです。ちなみに品川〜田端間を並走する山手線の内回り電車の最終は品川を0時26分に発車する池袋行きです。京浜東北線はその後に0時28分発の赤羽行き、0時46分発の上野行きがあります。(平日ダイヤ)

2018-09-19 (4).png


 私が考えられることとしては上野までの山手線駅を利用する乗客に20分の猶予を与えられること、始発駅を増やすことで上野以北の駅から北行を利用する乗客が早朝より利用できること*、でしょうか。
 ここで個人的に一番気になるのは、終着したあと、どこへ行くのだろうか。ということです。最寄りの車庫は東十条。まさか東十条まで回送?



ということで検証してみました。(検証?観察?)



 当該列車は大船を23時48分に発車する各駅停車上野行き(2338C列車)です。
この列車は蒲田より先、品川・東京方面に行く最終列車です。ちなみに東海道線の最終東京行きは大船23時7分発で、終電まで品川行きが3本ありますがこちらも京浜東北線より早く出発するため大船、横浜以北の東海道線停車駅の乗客に対する需要も担っています。
休日ダイヤでは列車番号は変わります(2334B列車) が、到着時刻に変更はありません。
上野に翌1時6分に到着します。



さて、


この列車はどこで夜を明かすのでしょうか???

駅舎はこの列車の到着後に閉まるので、駅西側(↓上野駅公園口に向かう坂から撮影)から観察するしかないのでしょうか?

IMG_4730.JPG


外から見る予定でしたが、発車まで見送れるとのことなのでしばし待機。

IMG_4807.JPG


 大宮方面に動き出します。

 なんと!

 上野駅北側の留置線で夜を明かすようです。(写真はイメージです。)留置線は山手線の線路に挟まれる形であります。配線等の詳細は次週以降に別の会員による今年6月に行われた品川駅の線路切換工事についての記事に一任します。ぜひお楽しみにしていてください。

 深夜には保線作業が行われますし、駅に留めておくよりは都合がいいのでしょうね。

 このような感じで京浜東北線は魅力にあふれていると思います。
ダイヤ設定や配線、大船行きがなかなか来ない折り返し運転列車の連続など興味深いことはまだまだあると思います。またの機会に調査したいと思います。
みなさんもぜひご利用ください!(何様)

最後までご覧いただき、ありがとうございました!


* 上野を発車する次の列車は蒲田を始発とする上野4時52分発の列車。上野始発の列車の存在によりおよそ20分早く目的地へ向かうことができます。
*2 完全に余談になりますが、平日のC列車は蒲田始発の運用、土休日のA列車は南浦和または東十条始発の運用です。



(後日談)
 先日、東京に行く機会があり記事にするのだからしっかり見ておこうということで上野駅北側にある橋から留置線を眺めてみました。

 
IMG_4698.JPG


一番右が京浜東北線北行で、E235系が山手線外回りです。よくみると山手線の間に線路があるのがわかります。

今度は深夜ロケでもしてみたい。。。
posted by TRFC at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | あおば

2018年09月23日

新歓乗車会前後談

 こんにちは、TXです。当ブログへの投稿は2度目でございます。今回は先日投稿した新歓乗車会(コチラ)の前後に何があったかを紹介したく存じます。 
 新歓乗車会のルールは現地集合・現地解散となっているのでそれまであるいはその後に何があったかはメンバーごとに異なります・・・という訳で、これはあくまで私の旅の紹介という形となります。
 では早速参りましょう。




 ある夕方のこと。私は新歓乗車会にどうやって行くか、そしてその後どうするか考えていました。そこであることに気づきます。
 よくよく考えるとこの新歓乗車会以前に私は生まれて一度も山形新幹線、いや、ミニ新幹線に乗ったことがありません。新歓乗車会でせっかく山形に行くのです。この機会にぜひミニ新幹線であるつばさに乗ろうではありませんか。

 ということで、先輩の「休みは自由席が混む」というアドバイスを聞き、つばさ192号(17:32山形発)の指定券(山形〜福島間)を購入しました。なお、乗車券に関しては「小さな旅ホリデーパス」をあらかじめ購入し、使用しております。指定エリア内の普通・快速列車に1日乗り放題、特急券を購入するとつばさも新庄〜福島間に限り乗れるという周遊きっぷです。

 さて、迎えた新歓乗車会当日。私は嬉々として北仙台駅8:25発、山形行きの快速列車に乗り込みました。そして揺られること1時間、山形駅に到着。ここで他のメンバーの皆さんと合流しました。ここから新歓乗車会の始まりです。この様子に関しては上のリンクを参照してください。


 (ここより先は新歓乗車会終了後の出来事です。)
 前回は寒河江駅に戻ったところまで書きましたが、その後メンバーの多くは左沢線に乗車し15:40頃山形駅に戻りました。実質ここで解散といったところでしょうか。
そのときに乗車した車両がコチラ↓です。キハ100系とは似て非なる、1993年運行開始の左沢線専用車。そう、キハ101系でございます。

1.jpg


 そうして私は山形駅に戻って来たのですが、つばさ号の発車まで時間があります。しかし私はノープラン。何をしよう・・・と思った次の瞬間私の目にとまったものは観光案内所。
 私は勇気を出して係員に訊いてみます。
 「すみません、今から1時間で行って戻ってこられる観光施設はありますか?」
 すると「霞城セントラルや山形城址公園がおすすめです」という旨の返答が。これは行くしかありません。
 さて、まず向かったのは霞城セントラル。山形駅に併設された高層ビルで、その24階には展望台があります。そこからの光景がコチラ↓。

2.jpg


 いい眺めです。見てみるとわかります。よく晴れた空が、そのよさを一層引き立たせます。
 さて、この素晴らしい光景に別れを告げた私は山形城址霞城公園へと向かいます。この公園の周りには大きな堀が。しかも博物館や郷土館、そして美術館が併設されているとか。
到着したところで先ほどの観光案内所で渡されたガイドを確認してみます。するとそこには衝撃の事実が。

 「開館時間 9:00(美術館は10:00)〜16:30」

 時計を確認してみます。もう16時を過ぎています。これでは入れたとしてもほとんど見られません。こうなったらせめて城の中を見ていくか・・・と思った矢先、城の扉が目の前で閉まりました。悪いのはノープランで山形観光しようとした私です。
 とりあえず園の周りを一周したあと、私は霞城セントラルに戻って参りました。すると、喉が渇いたという猛烈な感覚に襲われました。
 そこで飲んだのがコチラ↓のクリームソーダ(680円)。このときの水分が戻るという感覚は忘れられません。

3.jpg


 そうして活力を取り戻した私が次に向かったのは、クリームソーダを飲んだ喫茶店のすぐ上にある体験施設である山形県産業科学館。ここでは発電の仕組みや地球環境、科学現象などを学び、体験することができます。主なターゲットは幼い子どものようですが、大学生(しかも文系)である私でも楽しめる施設でした。

 その後は山形駅構内に戻り、お土産探し。するとそこには愛知名物のキリンラーメンが。売られている場所と時期(下記参照)の両方の意味でこれは珍しいと思った私はその中から醤油味と味噌味をチョイスし、即購入。この場違いなお土産を携えて私はつばさ号に乗車するのでした。

 (注)キリンラーメンとは、愛知県を中心に1965年から販売されているインスタント麺。長らくその名とパッケージで販売されたが、「大人の事情」により「キリマルラーメン」という名に変わってしまうとのこと。麺に豆乳が含まれているのが特徴で、他のインスタント麺とは異なるまろやかな味わいを楽しめます(実際に私が食べた感想)。

5.jpg


 コチラ↑が山形新幹線用ホームへの通路。私は新幹線専用ホームの存在を知らず、これを見て新幹線 (ミニ新幹線である山形新幹線は規格上厳密な定義の新幹線には該当しませんが) の特別さを実感しました。

 その通路を抜け、いざつばさ号とご対面。

5.jpg


 嗚呼、新幹線は素晴らしいですね。いつ見ても新幹線を見ると旅行しているという実感が沸きます。・・・と、つばさの車体を見ていつまでも感銘に浸っているわけにはいきません。乗車し、発車を待ちます。
 しばらく時間が過ぎて17時32分。つばさ号が発車しました。発車後すぐに新幹線特有の車内チャイムが流れます。国道13号線を走る車や陽が落ちる山を眺め、軽快なユーロビートを聞きながら過ごす優雅な時間。そんな時間は山形新幹線初乗車の私にとって申し分ない、満足できるものでした。しかし、そんな時間がすべてではありません。

 赤湯駅を発車し、ここからどんな光景が見られるかとわくわくしていると、列車は置賜(おいたま)駅で停車してしまいました。あれ?置賜駅は停車駅には入っていなかったような・・・。そう、これは対向列車との待ち合わせによるものでした。所要時間は10分ほど。正直ここまで長いとは思いませんでした。他の便と所要時間を見比べなかった私が悪いのですが。

 そしてもうひとつ驚いたのが米沢〜福島間にある板谷峠を越える時の遅さ。その理由は何なのかと疑問に思い後に調べてわかりましたが、この板谷峠はJRの幹線で最も急な勾配で、昔は補助機関車やスイッチバックを駆使しなければ越えられない場所だったそうです。
この急勾配こそが板谷峠での速度を上げられない要因、というわけです。

 ・・・と、いろいろあって19時01分。ようやく福島駅に到着・・・の前に一大イベントがあります。それは何かと言いますと、E2系との連結でございます。

 これまで私は連結される側(E2&E5)には何回も乗車しました。しかし連結する側(E3&E6)には一度も乗車したことがありません。いったん停車し、再びゆっくり動き出し、E2と連結するというプロセスを連結する側から味わうという興奮。まさにちびっ子とマニア専用のそれでございます。

 そのイベントも終わり、ドアが開き、私は下車しました。同時に私は連結部分へ。そして撮った写真がコチラ↓。

6.jpg


7.jpg


 さて、そんなE2&E3を見送った後、私は福島の土を踏みました。そして振り返ると福島駅。もうすっかり日が暮れています。

8.jpg


 ここに長居をしてはいられない。仙台行きの列車は19時35分発。残り時間は約20分。急がねば・・・と思った瞬間、空腹感に襲われました。
 福島を後にするのは夕食を食べてからにしましょうか。山形同様福島だってノープランで来ていますが問題ありません。そしてどうせなら福島ならではのものを食べて帰りたい・・・と思いながら駅周辺を歩いているうちに見つけた店は家から近くにあったり、品物が売り切れていたり、時間の関係上閉店していたりしていました。

 そうして歩くうちに、結局私は挫折し、さぼてんのカツカレーを食べました。ほどよい辛さのカレーにジューシーなトンカツが乗った、豪華なものです。空きっ腹においしいカレーを入れる幸せ。先ほどの苦悩は何だったのか。

 帰りの列車まで少し時間があります。先述の19時35分発の次は20時51分発。現在時刻20時20分。観光には少し厳しい約30分の空き時間を駅ナカで過ごした後、私は無事20時51分発仙台行き普通列車に乗り、信号故障の影響を若干受け仙台駅に数分遅れて到着、仙山線に乗り換え北仙台駅に22時30分頃無事到着したのでした。




 さて、いかがだったでしょうか。以上が私TXの新歓乗車会前後の旅の報告でした。ご閲覧ありがとうございました。
posted by TRFC at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | あおば

2018年09月16日

2扉転クロ! 115系3000番台

 今回は数ある115系(新製車)の中でも異彩を放つ3000番台についてです。
 115系3000番台は、1982年11月ダイヤ改正を控え、広島地区の増発に向け編成単位を6連→4連に短縮し、同時に老朽化した153系を置き換えるべく登場しました。1982〜1983年の間にクハ21組42両、モハ12ユニット24両の計66両が新製されました。
 従来の115系との違いや特徴は
・前面窓ガラスの支持方式が金属押さえ金
・パンタグラフ(PS16)2基搭載
・117系に準じた2扉車体、転換クロスシート(ドア付近と車端部はロングシート)
・塗屋根で通風器やランボードは201系と同様
・千鳥配置の側面行先表示器                    etc… 

201系などの当時の最新系列に準じたマイナーチェンジが行われたようです。もはや別形式…。
 塗装はクリーム1号を下地に青20号の帯。いわゆる「瀬戸内色」です。帯は塗装工程省力化のため塩化ビニールテープが採用されました。
 配置は全車が下関運転所*でした。1982年度製造分はオール3000番台の4連が6本24両、下関所の111系6連の4連化で捻出したモハと4連を組むクハが15組30両で、前者は冷房車、後者は非冷房(冷房用電源すらない)かつ車齢の高い111系と当面組むことになる*2 ため、冷房準備車*3 とされました。具体的には、屋根の将来クーラーを取り付ける部分を塞ぎ板で塞ぎ、冷房ダクトを設置済み(扇風機併用)としました。翌年には一部編成の冷房化のためモハ6ユニット12両が増備され、オール3000番台12本、混結9本となりました。増備はここでおしまいです。
 ちなみに、新製回送時の編成は、初め3回は冷房準備クハ2両に冷房車4連2本を挟んだ4M6Tの10両編成でした。それ以降は、クハ(3010〜3021、3110〜3121)は115系(4M2T)6両又はクモヤ90形・111系(5M1T)6両を、1983年度製造のモハ(3007〜3012)は115系(2M2T)4両を控車として回送されました。
 その後、JR化までに111系との混結編成についてはモハの115系化*4 とクハの冷改がなされました。余談ですが、広島地区から撤退した111系のクハは網干、大垣を始め各区に転属しました。先頭車不足が深刻だったのでしょうか…。さて、JR化後の1992年には宮原区から117系改造の115系3500番台モハが4ユニット転属し、3000番台クハと編成を組みました。さらに2001年に宮原区の117系300番台から3ユニットが3500番台として転用され、3扉モハに3000番台クハの編成は2編成のみとなりましたが、2015年にその2編成の3000番台クハ4両全てが廃車されたため、2018年現在活躍するのはオール2扉車の編成のみとなっています。下は登場時とJR化直後の編成表です。(国鉄/JR電車編成表より)

2018-09-15 (2).png
 
 塗色は、1993年以降は3000番台を含む編成全てが瀬戸内色から白地にグレーと5色の帯の「広島快速色」へ、さらに2004〜2008年度には30N体質改善工事によって白地に茶色と青帯の「広島更新色」へ変更されました。オリジナルの瀬戸内色はもう拝めないのか…と思いきや瀬戸内色の3扉車と組む3000番台未更新クハが2005年に広島快速色から瀬戸内色に復活。当時の広島地区は塗装がバリエーションに富んでいたんですね。なお、2018年現在は2010年以降の単色化で見事に全編成が末期色濃黄色と化しています。

115右.jpg


115左.jpg

広島更新色(上)と末期色(下)(たこちゅう氏より拝借)

 体質改善工事についてですが、同僚の2000番台などとは違い、座席はほぼ新製(3500番台は改造)当初のままです(トイレ横の座席は撤去)。そのほかは前面窓ガラスの一体化やドアボタン設置など、一般的な30Nの施工内容です。

車内.jpg


ドアボタン.jpg

3500番台体質改善工事車の車内(上)と同番台に設置されたドアボタン(下)(投稿者撮影)

 227系投入によって2016年3月ダイヤ改正より岩国以西に運用範囲が縮小し、今後の動向が注目される3000番台ですが、最後の1両が引退するその時まで、元気に走り続けて欲しいものです。
 末筆ながら、平成30年7月豪雨で被災した地域の復旧と不通路線の再開を願っています。

* 現:下関総合車両所運用研修センター。3000番台は一時期広島運転所に転属したが2018年現在は全車下関所属。
*2 3000番台は111系と混併結可能な設計。
*3 将来容易に冷房化出来るよう準備工事が施行された車両。
*4 非冷房モハと組んだ時期もあったようだが、1987年4月1日時点では全て冷房車となっている。

参考文献
鉄道ピクトリアル1986、vol.36、No.2、通巻No.459(電気車研究会)
        1986、vol.36、No.9、通巻No.469(電気車研究会)
        2009、vol.59、No.7、通巻No.820(電気車研究会)
鉄道ファン1982年12月号(交友社)
国鉄電車編成表‘83年版(ジェー・アール・アール)
       ‘84年版(ジェー・アール・アール)
JR電車編成表‘87年版(ジェー・アール・アール)
      ‘90年冬号(ジェー・アール・アール
      ‘91年夏号(ジェー・アール・アール)
      ‘08年夏号(ジェー・アール・アール)
J-train 2017年秋号 通巻68号(イカロス出版)

posted by TRFC at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | あおば

2018年09月09日

考:仙台地区719系の現状

序論
 初めまして。たこちゅうと申します。
 趣味は撮ることも乗ることもするので一概にこれとは言えませんが、最近は仙台地区でよく写真を撮っています。よろしくお願い致します。
 今回は、最近仙台地区からの撤退が進んでいる719系について書こうと思います。実は私は約15年前に仙台に住んでいたことがあり、仙山線の719系によく乗っていたことは幼少期の良き思い出でした。しかし、現在719系は後継車両の導入により数を減らし、今や細々と活躍するのみになってしまいました。そこで、この記事では仙台地区の719系の現状の活躍について整理してみようと思います。

1.719系の簡単な概要
 719系(0番台)は、老朽化した急行型電車451系・453系の置き換え用として平成元年に登場した。451系・453系から部品を一部流用することでコストを抑えつつ、3扉の車体とすることで仙台地区のラッシュ時の混雑緩和に貢献した。また奥羽本線には、山形新幹線の開業に伴い標準軌用の5000番台が投入された。
 現在の仙台車両センター(以下仙セン)に配置された0番台84両は、登場当初は東北本線や仙山線に投入されたが、後に狭軌時代の奥羽本線福島口や磐越西線、常磐線、更には秋田支社に転属して秋田地区の奥羽本線にも進出する等の活躍を見せる。しかし後継車両であるE721系1000番台の投入に伴い廃車が進み、現在では常磐線、磐越西線と秋田地区の奥羽本線の運用を残すのみとなってしまった。
 次の章では、現在残されている数少ない仙センの719系の運用について述べることとする。

2.仙台地区に現存する719系の運用
 2018年7月現在稼働している仙センの719系は、H-4、H-12、H-15、H-16、H-17、H-19、H-20、H-22、S-27、H-40、H-41編成の計11本22両である。
 2-1.常磐線運用
  2018年7月現在、719系は常磐線の浪江〜原ノ町間を往復する運用がメインである。4両編成で早朝に仙台を出発し、原ノ町と浪江の間を計10往復した後、深夜に仙台に帰ってくるという運用が組まれている。東日本大震災と原発事故の影響により富岡〜浪江間が不通であることから取られている措置だが、全線開通後には同区間の719系の活躍にも何かしらの変化が起こるものと思われる。

 2-2.磐越西線運用
  磐越西線の719系は仙セン所属であるが、会津若松派出所に常駐して4両編成で運用されている。会津若松常駐車は赤べこのラッピングが特徴的な赤と黒の塗装であり、異彩を放っている。現在会津若松にはH-12編成とH-15編成の2本が常駐しているが、時々検査の都合等で通常塗装のH-16編成やH-17編成が代走として磐越西線に現れる時もある。
  また、会津若松常駐車の719系には「フルーティアふくしま」用のS-27編成もある。この編成は車内でスイーツを楽しむことが出来る観光列車として改造されたものであり、土休日には719系で運転される定期列車に連結して6両編成で走行する姿を見ることが出来る。

3.2018年度の仙セン719系の特殊な動き
 3-1.E721系運用の代走
  2018年5月20日午前、仙台駅構内にてE721系1000番台のP4-8編成から発煙があり、午前中の東北本線のダイヤが乱れるというトラブルが起きた。これが原因でP4-8編成はパンタグラフ周りの修理のために運用を離脱せざるを得なかった。このとき、701系の4両編成1本が郡山総合車両センターに入場していたことに加え、E721系の2両編成2本が「相馬野馬追」ラッピングを張り付ける時期にあったことから車両不足が発生し、急遽翌日の5月21日午後から5月26日午前まで719系の4両編成がE721系1000番台の運用を代走する事態となった。この代走にはH-4編成とH-22編成が充当され、主に仙台〜原ノ町間の常磐線の運用を代走した。さらに夜には山下行や新地行として運行する姿も見せた。

CSC_0086.jpg

5/24 246M 太子堂〜南仙台にて


DSC_0104.JPG

5/26 226M 坂元〜新地にて


 3-2.719系陸前山王駅疎開車両の廃車回送
  運用を離脱した719系の一部は廃車待ちの状態となり、陸前山王駅脇の線路に疎開されていたが、順々に廃車回送が施行された。廃車回送は牽引する719系6両の後ろに廃車となる719系2両を繋げた計8両での走行となり、廃車の2両は動力をカットして運転するという興味深い運転形態が取られた。1編成ずつの廃車回送であったことから疎開中の全編成を解体場所である郡山総合車両センターに送るには長期間を要したが、7月11日にH-6編成が廃車回送されたのを最後に、陸前山王駅に疎開されていた719系は全て姿を消すことになった。

CSC_1002.jpg

5/14 9534M 岩沼〜槻木にて


CSC_0188_00001 (3).jpg

7/11 9534M 陸前山王〜岩切にて


(※車両側の列番表示である9533Mは設定ミスによるもので、正しい列番は9534M)

4.終わりに
 ここまで仙台地区における719系の現状を見てきたが、やはり全盛期の姿からは遠くかけ離れたものとなってしまっており、当時の彼らの活躍を知る者としては悲しい限りである。しかし、未だなお活躍を続ける一部の車両たちが出来るだけ長くその使命を全うすることを期待したい。

5.参考文献
 鉄道ピクトリアル1990年4月号(通巻526号) (電気車研究会)
 写真は全て筆者撮影

以上


posted by TRFC at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | あおば

2018年09月02日

大学祭へ向けて。

こんにちは。JKです。

先週の金曜日に集中講義が終わり、いよいよ夏休みです!
他の学生が2か月間羽を伸ばす中、1か月という期間ではありますが、充実したものにしたいです。

さて、東北大学では11月2日〜4日の3日間、大学祭が行われます。
当会も出展させていただきますし、ご当地グルメなども堪能できると思いますのでぜひお越しいただければと思います。

例年、当会では大学祭でのブースにおいて「大学祭あおば」という研究誌を配布しておりましたが、今年は少し趣向を変えて、こちらのブログにて会員の作品を掲載していきたいと思います。大学祭まで毎週末に更新してまいりますのでぜひご覧いただければと思います!

では手(パー)
posted by TRFC at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記