2017年06月19日

乗れます!燃料電池バス

こんばんは、キマロキです。

最近、新たなエコカーとして「燃料電池自動車」が走り始めています。

テクニカルな説明は割愛しますが、燃料電池自動車は水素を燃料として燃料電池で発電し、モーター駆動で走ります。
燃料電池からは水しか排出されず、また走行音も静かなので、新たな公害対策として注目されています。

そんななか、燃料電池バス(以下、FCバス : Fuel Cell Bus)が今、仙台に来ています!

6月17日(土)には仙台市内で展示会と試乗イベントが行われ、18日(日)には荒井駅-仙台うみの杜水族館の無料シャトルバスとして運行されました。


そのシャトルバスが今日明日も運行するとのことで、本日授業の合間を縫って乗ってきました。


IMG_1904.jpg
14時前に荒井駅で待っていると、お目当てのFCバスが静かにやってきました。

IMG_1951.JPG
記念ピンバッジを頂いて乗車し、静かに発車しました。

何度もしつこく言っているように、エンジン音が無いぶん圧倒的に静かでした。聞こえてくるのはクーラーの風音、外からの音、そしてほんのりとモーター音。
クーラーを切って走ると、まさに「音も立てず走って」いるようでした。

またモーター駆動では、エンジン+変速機のように加速中に何度も変速するようなことがありません。このFCバスも、滑るように加速していきました。
衝動のない加減速&耳を澄ませばインバータ音。電車ですね。

IMG_1910.jpg
通常のシャトルバスや路線バスと同じ、約15分で うみの杜水族館 に到着しました。

IMG_1931.jpg
帰りも同じように、私のようにFCバスの体験に来た乗客や、また水族館から帰る乗客を、荒井駅まで静かに運びました。


今日乗車した型のFCバスは、現在3台運行されているそうです。2台は都営バスで営業中、本日の1台が全国でデモンストレーションしています。そして東京オリンピック・パラリンピックにむけて現在絶賛生産中とのことです。
今後も各地でFCバスの体験会をやるようです。機会があれば、未来のバスに一足早く乗車してみてはいかがでしょうか?
IMG_1922.jpg


荒井駅-仙台うみの杜水族館シャトルバスでは明日6月20日まで運行しています。
運行時間はコチラ( http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/saisei/hydrogen-bus.html )から



以上、“ガソリン燃やしまくり走り屋見習い”たる私らしからぬエコカーの話題でした。
余談ですが、宮城交通の運転手さんが運行を担当されていました。宮城交通タグつけておきますね
posted by TRFC at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180096309

この記事へのトラックバック