2010年06月13日

廃線跡探訪in仙台

皆様こんばんは。そしてはじめまして。今年鉄道研究会に入会いたしました、京葉快速と言います。まだまだ文章を書くのは拙いですが、これからどうぞ、よろしくお願いいたします。

さて、6月12日(土)、仙台市内にあった線路の跡を訪ねてまいりました。事の発端は、私の祖母の家に貼ってあった2001年の地図。ふと眺めていると、今は存在しない線路の記号を発見。非常に気になり、今回現地に赴いてみることにしました。
仙台市民の方には既知のこととは思いますが、ご覧になっていただけると幸いです。

Haisen-ato(1).JPG始まりの場所は、JR仙山線 東照宮駅から仙台駅方向に向かって進み、県道8号線との踏切の付近です。踏切から東照宮寄りに、過去なにかあったとしか思えない草が生い茂る空き地があります。おそらくここで一度何本かに分かれていたのでしょう。




Haisen-ato(2).JPGこの写真は、上の写真とほぼ同じ位置で、仙台方を向いて撮った写真です。現在の仙山線は踏切を過ぎると右へ大きく曲がりますが、旧線は左へ分かれます。
ちなみに、先ほどの空き地から、仙山線との分岐点までの空き地は、現在株式会社JTが保有しているようで、無断立ち入りは禁止されています。これらの写真は、空き地に沿って通っている公道から撮っています。

分岐した先から、幸町南小学校の南をかすめ、東洋製罐のあったところ(今のジャスコ幸町店)の北側を通り、仙台市ガス局の敷地内へ入っていたようですが、今回通ってみたところ、まったくと言っていいほど跡を留めていませんでした。



Haisen-ato(4).JPGそして最後、さらに東へ進み、「フォレオ東仙台宮の杜」の近くへ来て見ると、ガス局の敷地の外を流れている小さな川に、橋脚らしきものを発見。この写真では、草に埋もれてしまっていますが、単線分くらいの橋脚がうっすら見ることができます。
廃線跡は、最後は旧JT仙台工場へ続いていたようですが、その跡も目にすることはできませんでした。

以上、初めての投稿は、少々腑に落ちないところを残したまま、お終わりとさせていただきます…。
posted by TRFC at 23:16| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
写真を交えたレポートありがとうございます。これからも、気になったことはどんどん探究してみるといいですね。
Posted by 乗鞍 at 2010年06月19日 13:12
初めまして。

経済学部経済学科OBの風戸涼(筆名です)と申します。
鉄道廃線跡のルポ、興味深く拝読させていただきました。

さて、自著の宣伝で恐縮なのですが、五月三十日に、旧足尾線(神土駅〜沢入駅間、現在は
草木ダムの底に沈んでいる)を舞台としたミステリー
『アンダーカレント 湖に沈んだ鉄路』
が刊行されました。

鉄道廃線跡に興味をお持ちの乗鞍様をはじめ、東北大学鉄研の皆様には、ぜひお手にとっていただきたく、書き込ませていただくことにしました。

アマゾンで購入できますが、お近くの図書館にリクエストしていただいても結構です。

皆様、どうぞよろしくお願い申し上げます。

                   風戸

Posted by 風戸涼 at 2010年07月27日 20:44
はじめてまして!
仙台に50数年住んでいる鉄道ファンです。
宜しくお願いします!

投稿された仙山線の件ですが、塔文社発行「レトロマップシリーズ2 昭和11、18、27年の仙台と現在の仙台」昭和27年版大仙臺市全圖に、この線が載ってます。

この地図を見るまで存在を知りませんでした。

何の目的で設置されたのか調べてるところです。
Posted by ひ〜ろ at 2017年04月03日 15:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38916437

この記事へのトラックバック

STAND BY ME ごっこ
Excerpt: [tokyogenso@yahoo.co.jp] 廃線を見つけたので、あこがれのSTAND BY ME ごっこをしました。 結構いいのが撮れたんではないでしょうか? みなさんも是非。
Weblog: 東京幻想 OFFICIAL BLOG !!
Tracked: 2010-08-02 13:59