2013年02月20日

帰省は旅行?〜2013年始帰仙〜

こんばんは。
お久しぶりです。アルプスです。

正月に頻繁に更新していましたが、年が明けるとともに試験期間が始まってしまい、なかなか記事を書くことができずにいましたが、試験期間が終わり、春休みを迎えたので、また記事を書いていきたいと思います。

1ヶ月ほど記事を書いていなかったため、ちょっと前の話になります。
年末年始に帰省をしていて、1月6日(日)に仙台に戻ったときの話です。

今回の帰省は連続乗車券という、一筆書きにちょっとルート付け足したようなルートで列車に乗るときに使う切符で列車に乗っているため、仙台に戻る際は行きとほとんど違うルートを通りました。

ルートは以下の通り。(線名は便宜的な書き方とします。)
茅野―(中央本線)―甲府―(身延線)―三島―(東海道新幹線)―東京―(京浜東北線)―上野―(常磐線)―いわき―(磐越東線)―郡山―(東北新幹線)―福島―(東北本線)―仙台
実家のある茅野を朝出発。まず中央本線の普通列車で甲府まで行き、甲府で身延線に乗り換え。
身延線ホームに向かう途中にこのようなものがありました。
IMG_5168_1.jpg
これは、甲府駅の旧煉瓦倉庫と旧跨線橋柱、旧甲府駅の釣鐘が飾られた“かふふ驛煉瓦ひろば”というものです。「かふふ」は「こうふ」のことで、歴史的仮名遣いであることに気付かないと、何?って思ってしまいますね。
IMG_5178_1.jpg
甲府駅から特急〔ふじかわ〕に乗車。車両は373系。身延線は乗ったことがありますが、〔ふじかわ〕は初めて。富士宮が近くなると前面に富士山が見えました!

富士から東海道本線の普通列車で三島へ。
三島からは東海道新幹線〔こだま〕で東京へ。
〔こだま〕にN700系が充てられている時代なのですね。
IMG_5190_1.jpg
東京駅は丸の内駅舎の復原が完了したことが報じられていましたが、初めて自分の目で見ました。
IMG_5193_1.jpg
全てを見ることはできませんでしたが、素晴らしかったです。
IMG_5196_1.jpg
IMG_5198_1.jpg
過去と現在が一体化しているような雰囲気でした。
IMG_5202_1.jpg
京浜東北線に乗って上野へ。昼の快速運転をしている時間帯に乗るのも初めてでした。
上野駅で降り、突端式のホームへ。
IMG_5206_1.jpg
「ふるさとの 訛なつかし 停車場の 人ごみの中にそを 聽きにゆく」という啄木の句が飾られています。
IMG_5211_1.jpg
ここから常磐線特急〔スーパーひたち〕に乗りました。今春のダイヤ改正で退いてしまう651系が充てられていました。改正前に乗ることができて良かったです。
IMG_5243_1.jpg
終点のいわきまで乗った後、磐越東線の普通列車で郡山へと向かい、そこから福島まで新幹線〔つばさ〕に乗り1駅、そして東北本線の普通列車に乗って到着しました。

このようなルートで、お金もかかったのではないかと思ってしまうかもしれませんが、実は単純に新幹線と特急を使って往復するのとほぼ同額なのです!

切符も決め方次第です!
posted by TRFC at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62684456

この記事へのトラックバック