2015年07月05日

エコーを超えて

 読者の皆様こんばんは。むろどうです。梅雨明けが待ち遠しい今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。

 さて、吾人は今日うなづき氏と共にバスで蔵王刈田岳へと行って参りました。今日はその道中を書かせていただきます。

 そもそも以前からバスで蔵王刈田岳へと行ってみようという話は、当会のバス愛好家たちの中で幾度となく話題になっておりましたが、そのうちそのうちと思っているうちに冬季の蔵王エコーライン閉鎖となり、その機を逃すということを数年来続けておりました。

 しかし、今年に入り俄然蔵王連峰の火山活動が活発となり、例年なら大型連休ごろには開通する蔵王エコーラインも今年の開通は大幅に遅れ、6月下旬にようやく通行可能の運びとなりました。

 事ここに至っては、いよいよ蔵王刈田山頂へとバスで行こうという気運が高まり、ことでん氏を隊長とする刈田山頂アタック隊が結成されました。そして本隊の先遣隊として、吾人とうなづき氏の二人でまずバスに乗って刈田岳まで行ってみようということになりました。

 さて、今日の行程はまず東北本線で白石駅まで南下し、そこから蔵王刈田山頂行きのバスに乗り込みました。

DSCN3596.JPG

定時に発車したバスは順調に走り、蔵王ロイヤルホテル前に到着しました。ここで仙台から村田経由でやって来る高速バスから乗り継いでくるお客さんを待っての発車。いよいよ蔵王エコーラインへとバスは進みます。

続きを読む
posted by TRFC at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 新宮城紀行

2014年08月18日

市バス沿線を訪ねて

こんばんは、お久しぶりです。ことでんです。
地下鉄東西線のトンネルが先月貫通し、通学途中に見える駅の施設も日に日に完成形に近づいてきました。進捗状況の分からない地下工事と違って、出来上がっていく様子が見える地上での工事は地下鉄が出来ることを実感させてくれますね。
さて、今回は地下鉄東西線と入れ替わるように姿を消す仙台市営バスの路線に目を向けました。

IMG_1658.JPG

やってきたのは若林区南材木町。この辺りは古くからの建物がいくつか残っており、街並みに対して仙台市都市景観賞が授与されています。

IMG_1659.JPG
小林薬局

そんな建物の一つが上図の小林薬局さん。店内に入ってお店の方にお話を伺ってみた所、元々味噌の醸造と薬局の両方を一つの建物で営んでいたそうですが、次第に薬局の面積を広げ、4-50年ほど前に薬局のみになったのだそうです。若林区のウェブページによれば、この建物は明治初頭に建てられたんだとか。

IMG_1661.JPG
針惣

また向かいにはかつて旅館だったことのある針惣さんの建物があります。こちらは昭和初頭の建築で、本学で講義をしに来仙した教授たちが泊まったんだそうです。ここはお店としてやっているわけではなかったので、外から眺めるだけに留まりました。

薬局でお話をした後外に出ると、通りの向こうからバスがやってきました。


続きを読む
posted by TRFC at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 新宮城紀行

2014年04月15日

桜の花咲く頃

 皆様こんばんは。おくみのです。仙台では桜が見頃を迎え、先週末は多くの人が花見をされたようです。読者の皆様がお住まいの地域では桜はいかがでしょうか。

 さて、おくみのは先週末に大河原町の「一目千本桜」と柴田町の船岡城址公園に行って参りました。今日は、その様子を少しだけ紹介させていただきます。


 仙台駅から東北本線にて約35分。大河原駅に降り立ったおくみのは、まず尾形橋上から白石川河川敷の「一目千本桜」を撮影。休日の上、天気も良いとあって多くの方がお花見に訪れていました。

DSCN8204.JPG

 大河原にてお花見を楽しんだおくみのは、列車に乗って隣の船岡駅へ。そこから徒歩にて15分程で船岡城址公園へと到着しました。この船岡城址公園も、「一目千本桜」に勝るとも劣らない人出でした。

 さて、この船岡城址公園にはスロープカーがあり、毎年お花見のシーズンに併せて運行されています。

DSCN8243.JPG

 おくみのもこのスロープカーに乗ってみようと思ったのですが、この日は順番待ちの長蛇の列ができていましたので、乗車は次の機会にして歩いて桜を見ながら頂上を目指すことにしました。

続きを読む
posted by TRFC at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 新宮城紀行

2014年04月11日

千本桜2014

 いつも当ブログをお読みいただきありがとうございます。うなづきです。日ごとに暖かくなり、春本番といった陽気が続く今日この頃ですが、読者の皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 さて、私が住んでいる大河原町の名所“一目千本桜”がそろそろ見ごろを迎えそうです。

DSCN8195.JPG

 写真は一昨日に大河原の白石川河川敷を撮影したものです。4月10日から始まった「おおがわら桜まつり」の準備が着々と進んでおりました。この時の桜は三分咲き程度でしたが、昨日にはもう五分咲き程になっていた木もありました。

 また、毎年この時期にはるばる阿武隈川からやって来る“屋形船”もスタンバイしていました。

DSCN8197.JPG

続きを読む
posted by TRFC at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 新宮城紀行

2012年04月20日

花見前日

 いつも当ブログをお読みいただきありがとうございます。うなづきです。

 いよいよ明日は新歓花見当日となりました。ちなみに今日の会場の様子はこんな感じでした。

DSCN2196.JPG

 明日の天気が晴朗となることを祈るばかりです。
posted by TRFC at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 新宮城紀行

2012年04月15日

花見の下見

こんばんは。乗鞍です。今日は穏やかな一日となりましたが、読者の皆さんはいかがお過ごしだったでしょうか。

 さて、筆者は昨日みぼろ氏と一緒に来る4月21日に行われる当会の新歓花見の下見に行って参りました。

 仙台駅にて待ち合わせたみぼろ氏と筆者は集合後、かねてから当会でも話題となってい「みやぎ・ふくしま桜回廊」に乗り込みました。下の写真は出発前に撮影したのものです。

DSCN1991.JPG

 よく見ると、5番線に停車した「桜回廊」の奥には719系が停車していたので、筆者は乗り遅れを気にするみぼろ氏に構うことなく撮影を続行。

DSCN1988.JPG

また、いい”ツーショット”が撮れました。

 大河原で下車した2人を駅で出迎えてくれたのは、先遣隊として先に現地入りしていたうなづき氏でした。うなづき氏と合流した後3人で花見の会場となる「おおがわら 桜まつり」会場へと行きました。

DSCN2051.JPG

 昨日の時点で、大河原の桜はまだ開花していませんでした。各種予報によれば、仙台の桜もそろそろ開花するそうなので、来週の花見までにはこの地の桜も開花すると思われます。

 続きを読む
posted by TRFC at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 新宮城紀行

2011年10月01日

祝、全線復旧

読者の皆様こんばんは。おくみのです。10月になり、街角でキンモクセイの香りを感じる今日この頃ですがいかがお過ごしでしょうか。
 
 さて、過日の東北新幹線全面復旧に続いて、今日10月1日、仙台空港アクセス線が仙台空港まで復旧したので、おくみのも行ってみることにしました。

DSCN3214.JPG

 仙台空港駅に着くと、仙台空港高鉄道のキャラクター、サッとくんが出迎えてくれました。

DSCN3212.JPG

 そもそも、おくみのは仙台空港の展望デッキに行ったことがなかったので、この機会に昇ってみることにしました。風が少し強いように感じられましたが、久しぶりに間近で飛行機を見ることができました。

DSCN3229.JPG


続きを読む
posted by TRFC at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 新宮城紀行

2011年06月30日

夏越の大祓

 読者の皆様こんばんは。おくみのです。暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、おくみのは今日の放課後うなづき氏に誘われて、県南岩沼市にある「竹駒神社」に参ってきました。今日6月30日は、罪や穢れを祓う「夏越の大祓」の日にあたるそうで、「大祓」とはいかなるものなのか知らなかったおくみのは、うなづき氏に付いて行ってみることにしました。

放課後、仙台駅に集合したうなづき氏とおくみのは、東北本線で岩沼駅へ。そこからは徒歩で竹駒神社へと向かいました。おくみのたちが到着した時には、もう17時を過ぎていましたので、境内にはもうほとんど人はいらっしゃいませんでした。参道を進んでいきますと、手水舎のところに見慣れないものがありました。

DSCN0798.JPG

続きを読む
posted by TRFC at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 新宮城紀行

2011年06月04日

日帰り湯治

皆さま初めまして。「むろどう」と申します。吾人は文才に乏しいため今まで記事を執筆したことはなかったのですが、会員諸氏から難しく考えずに書いてみたら。と勧められましたので記事を投稿させて頂きます。

 ことの発端は去る金曜日の部会の後、吾人はうなづき氏に「明日、湯治に行かないか。」と言われました。新学期が始まって1カ月が過ぎようとしていますが、昼夜をおかずに発生する余震や、月一で土曜日に行われる振替講義のために少なからず疲労が蓄積し、吾人の顔にもそれが表れていたようでした。うなづき氏はそれを気遣ってくれたようなので、ありがたくその厚意に甘えることにしました。

 そして土曜、大河原駅へと降り立った吾人はうなづき宅の車に便乗し、白石市の「小原温泉」に連れて行ってもらいました。
DSCN9858.JPG

 小原温泉は白石側川沿いにある温泉街で、吾人はうなづき氏とともに湯に浸かり、心身を解きほぐすことができました。やはり温泉はいいですね。

 入浴後は温泉街を散策しましたが、そこで吾人が見つけたものが下の写真です。
DSCN9854.JPG

 何と、バスの待合所の看板に「宮城交通」の文字が残っているではありませんか。吾人は当会入会後に鉄道もさることながら、バス殊に宮城交通に興味を持っていたので、この発見は実に意義深いものでした。うなづき氏に聞くと、昔は宮城交通の路線バスが白石駅からこの小原温泉を経由して七ヶ宿町まで走っていたそうで、現在は白石市民バスと七ヶ宿町民バスがその任を引き継いでいました。おそらく、この待合所には昔多くの温泉客が降り立ったのでしょう。その後、吾人は再びうなづき宅の車に揺られ大河原駅へと送り届けてもらい、そこから列車で家路に就きました。

 続きを読む
posted by TRFC at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 新宮城紀行

2011年02月23日

佐沼の鯛焼きオイシイナ

読者の皆様こんばんは。おくみのです。今日は一日中好天に恵まれましたが、いかがお過ごしだったでしょうか。

 さて当会では本日、会員から有志を募り県北登米市(旧迫町)にある佐沼に行ってきました。その目的はズバリ、鯛焼きを食べることです。

 佐沼にあるミヤコーバス佐沼営業所には食堂が隣接して建てられており、今回食べに行く鯛焼きはそこで販売されています。当会には昔から“佐沼に鯛焼きを食べに行く”というのがある種の“伝統行事”として脈々と受け継がれており、今回は車2台に分乗した総勢8名での「佐沼鯛焼きツアー」の開催と相成りました。

 仙台を8時30分過ぎに出発し、車を走らすこと約2時間20分、途中多少の寄り道や回り道をしましたが、佐沼に到着しました。

DSCN0408.JPG

果たして、営業所に向かうと鯛焼きの暖簾が出ており、一同は無事に鯛焼きを食べることが出来ました。



続きを読む
posted by TRFC at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 新宮城紀行

2011年02月14日

片倉家の城下町へ

 こんばんは。乗鞍です。本日はバレンタインデー、そしてチョコレートの日でしたが、読者の皆さんはいかがお過ごしだったでしょうか。

 さて、筆者は先日県南の城下町、白石市へ行ってきました。仙台駅から筆者の好きな719系に乗車。所要時間約50分で白石駅に到着しました。白石駅構内には、昔油庫として使われていたレンガ造りの建造物が残されており、中には鉄道にまつわる物品が展示されていました。

DSCN0114.JPG

 さて、今回の訪問の目的である白石城は白石駅から徒歩で20分程の所にあり、その雄姿は白石駅前からも望むことができました。白石城は平成になってから復元されたものですが、鉄筋コンクリートなどは使わず、築城当時の素材で復元されたのだそうです。城内には城主片倉家の甲冑などが展示されていました。

DSCN0128.JPG


 続きを読む
posted by TRFC at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 新宮城紀行

2010年12月07日

冬に咲く桜

いつも当ブログをお読みいただきありがとうございます。うなづきです。目下、仙台では「光のページェント」が好評を博していますが、実は、私の地元大河原でもイルミネーションが行われています。今日は、その大河原駅前のイルミネーションを紹介したいと思います。

その名も「おばんなりスター☆大河原☆」と題された、駅前イルミネーション。その様子を写したものが、下の写真です。

DSCN9532.JPG

駅前広場や駅前ビルヂング「Orga」周辺に植えてあるトウカエデやマロニエの街路樹約30本に約20,000球のLEDを取り付けているそうです。この「おばんなり〜」の最大の特徴は、桜色のLEDを大量に使用していることにあります。

 とかく、大河原町で一番有名なものは、下の写真にある白石川堤防の「一目千本桜」です。

DSCN6551.JPG

桜の季節には毎年全国各地から多くの方が訪れ、町は大いに賑わいます。余談ながら、当会の新歓花見も、今年は大河原で行いました。LEDに桜色がふんだんに使用されているのは、冬には見ることができない桜の花をイメージしているからなのだそうです。中には、「桜の花びら」の形をしたLEDもあるらしいのですが、私はまだ見つけていません。

 「おばんなりスター」は、来年1月7日まで行われます。もし、夕刻大河原を訪れる機会がありましたら、是非ご覧ください。


 追記
今年の4月、当会の花見を大河原で行いましたが、実はその前日大河原は寒波に見舞われ、桜の花に雪が積もるという異常事態となりました。

DSCN6328.JPG

上の写真はその様子を写したものです。三島由紀夫もびっくりな「春の雪」でした。
posted by TRFC at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 新宮城紀行